営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 アルファロメオ

アルファロメオ ブレラ2.2JTS キャタライザー不良

アルファロメオ ブレラ2.2JTSのご入庫

ご用命は”昨日車を購入したばかりなのですが、エンジンチェックランプが点灯した。”とのことです。

 

まずは、何を自己診断で検出したのか診断機を使い読み出します。

故障コード P0420 キャタライザー(触媒)の不良を検出していますね。

 

キャタライザーの状況はラムダセンサーの出力で判断できますので実際にどのように作動しているのか実測値をグラフ化してみてみます。

本来、変動が少ないはずのリヤラムダセンサーがアクセルの変化に敏感に反応してしまっています。

これが原因で、車両は故障していると自己診断をしたのです。

 

現代の車には、排気ガスを浄化するために、排気管の途中にキャタライザー(触媒)と呼ばれるものが付いていて排気ガスの有害なものを還元・酸化して浄化するような仕組みになっています。

そのキャタライザーの前後にはラムダセンサー(O2センサー)と呼ばれる排気ガス中の酸素濃度を読み取るセンサーが付いています。(この車両はフロントはA/Fセンサーを使用しています)

 

ラムダセンサーは同じような形をしていますが、前と後ろのセンサーで役割が違います。

前側のセンサーは、エンジンから直接排出された排気ガスの酸素濃度をモニターしてエンジン内部の燃焼状態をコンピューターに教える役目をします。

これが壊れると空燃比フィードバックが上手くいかず、エンジンの燃焼状態が適切に保てなくなり調子が悪くなります。

後側のセンサーは、キャタライザーが正常に作動して触媒作用が働いているかをモニターしています。

キャタライザーが正常に排気ガスの浄化作用を行うことが出来ていれば、キャタライザーの下流の排気ガス中の酸素濃度は減少してかつ一定になります。

後ろ側のセンサーの出力はある程度一定であれば正常に浄化作用が起きていると判断します。

今回のお車は、エンジン回転(排出ガスの増減)にリニアに反応してしまっていますのでキャタライザーが正常に作用していない可能性があるため車両が異常と判断してチェックランプを点灯させたというわけです。

ここまでで、キャタライザーが正常に作用していない可能性が濃厚になりましたので、直接リヤラムダセンサーを外してねじ穴部分からファイバースコープ(内視鏡)を入れて内部を視てみます。

!!!

  

触媒はハニカム構造体になっているのですが崩落しています!!

シリンダー1・4番/2.3番で2系統のキャタライザーがあるのですが、1.4番側は半分くらい崩れています。

これでは正常な触媒の浄化作用は行われるわけはありません。

取り外して肉眼で覗いた状態がこちら

 

キャタライザーアッセンブリー(エキゾーストマニホールド一体)の交換になるのですが、新品では30万円を越える高額部品ですので、中古品で対応いたしました。

中古品の内部がこちら

きれいに整っています、これが正常な状態です。

 

交換後の波形はこのようになりました。フロント側のラムダセンサーが反応するような状態でも、リヤのラムダセンサーはほとんど変化ないのがわかると思います。

キャタライザーが正常に浄化していて、一定の排気ガスの状態になっているためです。

 

キャタライザー自体が勝手にここまで破損することはまずありません。何らかの外部要因があったと思うのですがこちらのお車購入したばかりで前のオーナーの修理履歴はわかりません。

考えられるのは、ミスファイヤー(失火)状態で乗り続けて触媒を異常加熱させてしまい溶かしてしまったということです。

本来、ガソリンはエンジン内部で燃焼するのですがミスファイヤーを起こし燃えなかったガソリンがキャタライザー内部に流れそこで燃えてしまい異常加熱を起こし触媒を熔解させてしまうのです。

最悪は車両火災につながるほど加熱しますので今回のように内部が破損しても不思議ではありません。

 

購入直後はチェックランプはついていなかったのですが購入した次の日には点灯したそうです。

もしかしたら前オーナーはこの故障修理が高額修理になることがわかって手放したのかもしれません。

お車のご購入の際は、なるべく信頼のおけるお店・人から購入するのはもちろんのこと、どのような修理・メンテナンス履歴を行ってきたのかわかる車両を購入なさったほうが良いと思います。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

エンジンオイル交換を怠ったツケは・・・

エンジンオイル交換は皆さんご存知のメジャーなメンテナンスの一つですが、怠るとどうなるかは実際に見る機会は少ないかと思います。 我々整備士はメンテナンスを怠り不調を起こした車両を診る機会が多いので、口が酸っぱくなるくらいメンテナンスの重要性をお話しするようになります。 今回もエンジンから、けたたましくカンカンと異音を鳴らしてお車が入庫なさりました。 音を聞いてすでにエンジン内部に大きな破損が起きていることは容易に判断出来る状態でした。   お客様の要望で中古エンジンに乗せ換えることになりました。 ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)ミッションマウント破損

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 エンジンを掛けた時にガコンと音がするとの事。 エンジン始動時にたしかに大きなガコンという振動と音が聞こえます。 エンジン自体の動きが大きいことからエンジンマウント交換が必要と判断しました。   まずはエンジン側のマウントです。 形状が変わっているので何かしらの対策が織り込まれたのでしょう。 ゴム自体の潰れも気になりますが、液封入タイプで裏返すとやはりシリコンが漏れ出していました。 これでは本来のマウントの性能は発揮できないのは当然です。 こちらのマウント交換後 ...

続きを見る

VW シャラン 後席エアコン 冷暖房の重複トラブル②

前回、後席エアコンの冷房が効かず修理をしたVW シャランの続きです。リンク 冷房が効くようになりホッとしたのもつかの間、今度は暖房が出ない事に気が付きました。   冷房と暖房とでは効かせる仕組みは全く違うものになります。 冷房は前回仕組みをご説明しましたが冷媒ガスを圧縮・膨張をさせることでの気化熱を利用するのですが、暖房はエンジンの冷却水の熱を利用します。 エンジンの冷却水は100℃前後でコントロールしますのでこの冷却水の熱を使い室内を暖めるのです。 冷たい冷媒回路と暖かい冷却水回路が一つのユニ ...

続きを見る

7月の営業日のご案内

7月の日曜日営業は12日といたします。 25日土曜日に関しては休業とさせていただき23.24.25.26日は4連休とさせていただきます。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

VW シャラン 後席エアコン 冷暖房の重複トラブル①

VW シャランのご入庫 以前、エアコン(冷房)の効きが悪いとの事でご相談を受けていました。 その際は、エアコンガスの減少による効きの悪さが考えられるため冷媒ガスの測定及び調整を行いました。 結果ガスも減っており規定量をいれるとエアコンの効きも回復しましたので問題ないと判断しました。 ※冷媒回路は正常な状態でも少しずつガスは減少します。 今回は別の不具合があり入庫しましたがその際、後席のエアコン(冷房)の効きが弱いとのご指摘を受けました。 前回のガス調整から半年もたっていませんのでガスが抜けたとは考えられま ...

続きを見る

トヨタ ヴァンガード 駆動系オイル交換

トヨタ ヴァンガードのご入庫 ご用命は走行距離が伸びたので(10万km)駆動系統の油脂類の交換を承りました。 まずはトランスミッションですがオイルパンを外して内部のストレーナーを交換したうえでの圧送交換の依頼いただきました。 オイルパンを外します。   フルードは想定内の汚れ具合です。 オイルパンの磁石にもいつも通り鉄粉が付着しています。 新しいストレーナーに交換して綺麗なオイルパンを取りつけます。 圧送交換で内部に残ったフルードを排出して新油を充填します。   最後に一番重要なフルード量の調整 ...

続きを見る

アルファロメオ スパイダー(939)幌が開閉しない

アルファロメオ スパイダー(939)のご入庫 電動幌が開閉できなくなったとのこと。 電動の幌は複雑な動きを機械が行う為、様々な幌の位置をセンサーなどで読みながら作動します。 今回はその中の部品の一つが正常な位置に来なかったため作動を停止させて動かなくなっていました。   こちらの動画をご覧ください https://masutaka.co.jp/images/VID_20191018_094016.mp4 このフラップが開き切らずかつ途中で落ちてしまったことで正常な位置にならず作動を止めてしまって ...

続きを見る

VW ゴルフⅤ R32 エアコン修理・回路フル洗浄

ゴルフⅤ R32のご入庫 ご用命はエアコンが効かないとの事。 入庫時ほとんど冷風は出ない状態でしたのでまずはガスが規定の量入っているか確認してみると・・・ やはり270gしか入っていません、これでは正常な状態ではないので規定のガス量525gに入れ直してみます。 ※冷媒システムの点検では、冷えだけでなく圧力の判定をするのにガスの量が正規の量入っていることが基本となります。 しかし規定量がしっかり入っている状態でもエアコンの効きはよくありません。 ガスの圧力を見ても高圧も低圧もほぼ変わりません。 本来でしたら ...

続きを見る

ニッサン フィガロ  パワステ漏れ

ニッサン フィガロのご入庫 パワーステアリングの油圧ホース交換のご依頼を受けました。 油圧タイプのパワーステアリングはポンプでフルード(オイル)を圧送して、その油圧を利用してステアリングの操作力をアシストする仕組みになっています。 油圧を利用するということは油圧が掛かったホースに負担が掛かりいつかは漏れ出します。 そこでメンテナンスの一環としてホースをすべて交換してほしいとの依頼を受けたのです。 平成3年式のこちらのお車、純正部品を手配してあまり圧力のかからないホースは全て入手できたのですが、肝心の高圧部 ...

続きを見る

FIAT500L ブレーキパッド&ローター交換 他

FIAT500Lのご入庫 500と名前が付いていますが一般的なチンクエチェントと500Lは全く違う車両になります。 5ドアのディーゼルエンジン搭載車両で日本未導入の並行輸入車です。 今回は以前の車検の際に交換時期であることをご指摘していた部品の交換を行います。 まずは前輪のブレーキパッドとディスクローターの交換です。 パッドの残量も車検時からの予測通りの減り具合で交換時期に達しました。 ディスクロータもご覧の通りかなり摩耗していて最低厚み限度も下回っていました。 新しいパッドとディスクに交換   ...

続きを見る

-故障修理・整備, アルファロメオ

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.