営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 アルファロメオ

アルファロメオ ブレラ2.2JTS キャタライザー不良

アルファロメオ ブレラ2.2JTSのご入庫

ご用命は”昨日車を購入したばかりなのですが、エンジンチェックランプが点灯した。”とのことです。

 

まずは、何を自己診断で検出したのか診断機を使い読み出します。

故障コード P0420 キャタライザー(触媒)の不良を検出していますね。

 

キャタライザーの状況はラムダセンサーの出力で判断できますので実際にどのように作動しているのか実測値をグラフ化してみてみます。

本来、変動が少ないはずのリヤラムダセンサーがアクセルの変化に敏感に反応してしまっています。

これが原因で、車両は故障していると自己診断をしたのです。

 

現代の車には、排気ガスを浄化するために、排気管の途中にキャタライザー(触媒)と呼ばれるものが付いていて排気ガスの有害なものを還元・酸化して浄化するような仕組みになっています。

そのキャタライザーの前後にはラムダセンサー(O2センサー)と呼ばれる排気ガス中の酸素濃度を読み取るセンサーが付いています。(この車両はフロントはA/Fセンサーを使用しています)

 

ラムダセンサーは同じような形をしていますが、前と後ろのセンサーで役割が違います。

前側のセンサーは、エンジンから直接排出された排気ガスの酸素濃度をモニターしてエンジン内部の燃焼状態をコンピューターに教える役目をします。

これが壊れると空燃比フィードバックが上手くいかず、エンジンの燃焼状態が適切に保てなくなり調子が悪くなります。

後側のセンサーは、キャタライザーが正常に作動して触媒作用が働いているかをモニターしています。

キャタライザーが正常に排気ガスの浄化作用を行うことが出来ていれば、キャタライザーの下流の排気ガス中の酸素濃度は減少してかつ一定になります。

後ろ側のセンサーの出力はある程度一定であれば正常に浄化作用が起きていると判断します。

今回のお車は、エンジン回転(排出ガスの増減)にリニアに反応してしまっていますのでキャタライザーが正常に作用していない可能性があるため車両が異常と判断してチェックランプを点灯させたというわけです。

ここまでで、キャタライザーが正常に作用していない可能性が濃厚になりましたので、直接リヤラムダセンサーを外してねじ穴部分からファイバースコープ(内視鏡)を入れて内部を視てみます。

!!!

  

触媒はハニカム構造体になっているのですが崩落しています!!

シリンダー1・4番/2.3番で2系統のキャタライザーがあるのですが、1.4番側は半分くらい崩れています。

これでは正常な触媒の浄化作用は行われるわけはありません。

取り外して肉眼で覗いた状態がこちら

 

キャタライザーアッセンブリー(エキゾーストマニホールド一体)の交換になるのですが、新品では30万円を越える高額部品ですので、中古品で対応いたしました。

中古品の内部がこちら

きれいに整っています、これが正常な状態です。

 

交換後の波形はこのようになりました。フロント側のラムダセンサーが反応するような状態でも、リヤのラムダセンサーはほとんど変化ないのがわかると思います。

キャタライザーが正常に浄化していて、一定の排気ガスの状態になっているためです。

 

キャタライザー自体が勝手にここまで破損することはまずありません。何らかの外部要因があったと思うのですがこちらのお車購入したばかりで前のオーナーの修理履歴はわかりません。

考えられるのは、ミスファイヤー(失火)状態で乗り続けて触媒を異常加熱させてしまい溶かしてしまったということです。

本来、ガソリンはエンジン内部で燃焼するのですがミスファイヤーを起こし燃えなかったガソリンがキャタライザー内部に流れそこで燃えてしまい異常加熱を起こし触媒を熔解させてしまうのです。

最悪は車両火災につながるほど加熱しますので今回のように内部が破損しても不思議ではありません。

 

購入直後はチェックランプはついていなかったのですが購入した次の日には点灯したそうです。

もしかしたら前オーナーはこの故障修理が高額修理になることがわかって手放したのかもしれません。

お車のご購入の際は、なるべく信頼のおけるお店・人から購入するのはもちろんのこと、どのような修理・メンテナンス履歴を行ってきたのかわかる車両を購入なさったほうが良いと思います。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

トヨタ ピクシス エポック(LA300)エアコン吹き出し口から水蒸気?

トヨタ ピクシスエポック(LA300)のご入庫 ダイハツ ミライースのOEM車両です。 水温ランプが赤く点灯してエアコンの吹き出し口から煙が出ているとの事。 エアコンの吹き出し口から煙?よくわかりませんので、”水蒸気のようなものではないですか?”と尋ねましたが慌てている様子でよくわからないとの返答。 兎に角、水温ランプが赤く点灯してオーバーヒートしているようなので走行はせず、ロードレスキューで搬送するようにしました。 搬送されて点検するとラジエーターの中には冷却水は有りませんので、やはりオーバーヒートした ...

続きを見る

8月休業日のご案内

8月の休業日は、9日(月曜日)から17日(火曜日)及び15・22・29日(日曜日)は休業させて頂きます。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 週末は予約で埋まっていることも多いのでお早めにご連絡いただくようお願いいたします。

続きを見る

シトロエンC4(2代目) 冷却水漏れ

シトロエンC4のご入庫 冷却水が漏れているとの事でご入庫 こちらのエンジンは、BMWとPSA(グループ プジョー・シトロエン)の共同開発の1.6Lエンジンが搭載されており、BMW MINIにも搭載されているエンジンです。 定番ともいえるサーモスタットケースからの漏れです。基本設計が同じエンジンですのでMINIでも紹介している部分と同様の修理です。リンク     部品が変更になっているのでハーネスやホースも同時に交換になります。   樹脂製のパーツは経年的な劣化でいつかは必ず壊 ...

続きを見る

ホンダ トルネオ(CF-5)エンジンオーバーヒート

ホンダ トルネオ(CF-5 )のご入庫 エンジンチェックランプが点灯してギクシャクするとの事。 入庫時エンジンはふけ上がらず、エンジンチェックランプが点灯していました。 エンジンルームを点検しようとボンネットを開けると異常なくらいの熱気に襲われました。 冷却水の激しいにおいがしますのでオーバーヒートを起こしていることは容易に判断できる状態です。 すぐにエンジンを止めて冷却をしたいのですがかなりの高温で危険ですので少しずつ水を掛けて冷ましていきます。 ようやく冷めたところでラジエーターに水を入れるとアッパー ...

続きを見る

シトロエン グランドC4ピカソ(2代目) 車検整備

シトロエン グランドC4ピカソ(2代目)車検整備でのご入庫 エンジンはPSAでおなじみの1.6Lガソリンエンジンです。 ファンベルトが劣化によりヒビだらけです。 このエンジンでベルト周りで気を付けなければいけないところでウォーターポンプのプーリーがあります。 フリクションプーリと呼ばれるプーリーで摩擦でプーリーを回しますが表面のゴムが劣化で剥がれ始めているものが見受けられるので注意が必要です。 こちらのクルマもゴムが劣化でヒビだらけでした。 最悪はゴムが剥がれてプーリーが回らずオーバーヒートします。 駆動 ...

続きを見る

ダイハツ ムーブラテ(L550)エアコン不調の陰で・・・

ダイハツ ムーブラテ(L550)のご入庫 ご用命は、信号待ちでエアコンの効きが悪いので診てもらいたいとの事。 しかし問診をしていると気になるワードが出てきました。 ・発進加速が悪くなった ・加速時エンジンからカラカラ音がするようになった 上記2点の不具合が出るときは、決まってエアコンの効きも同時に悪くなったそうです。 単純にエアコンの異常だけではない気がします。   問診内容から怪しい部品を見立てて点検をするとすぐにわかりました。 https://masutaka.co.jp/images/VI ...

続きを見る

AUDI TTクーペ クアトロ(8J)ハルデックスオイル交換

AUDI TTクーペ クアトロ(8J) 車検でのご入庫 10万km以上走行していますこちらのお車、メンテナンスも各部行わなければいけませんが基本となる油脂類の交換をご紹介します。 クワトロと呼ばれるこちらのグレードは4輪駆動になりますので駆動力を後輪に伝えるトランスファと後輪の駆動力を左右に分配するリアディファレンシャルと呼ばれるギア(歯車)のセクションがあります。 ギアを使用しているところは油脂で潤滑されていますので定期的な交換が必要になります。 下記のような配置になっています。   まずはト ...

続きを見る

BMW Z4(E85)エアコンコンプレッサー圧縮不良

BMW Z4(E85)のご入庫 ご用命はエアコンの冷房が効かないとの事。   冷房の効きが悪い場合、まずは基本となるのは冷媒システムがうまく機能しているかを調べなければなりません。 冷房システムのカナメは冷媒ガスです。 冷媒ガスはたくさん入っていれば良いというものではなく、多すぎても少なすぎてもいけませんので規定の量が入っているかどうかをまずは確認する必要があります。 こちらのお車やや少なめで全く効かないレベルではなかったですが故障探求を進めるうえでも規定の量になっていることが重要ですので規定量 ...

続きを見る

7月の休業日のお知らせ

7月の休業日は、4.18.25日(日曜日)及び20日(火曜日)、22.23日(木.金曜日)は休業させて頂きます。 新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。

続きを見る

ホンダ S2000(AP1)タペットクリアランス調整

ホンダ S2000(AP1)のご入庫 車検整備ですが、エンジンのバルブクリアランス調整も依頼されました。 バルブクリアランスとはエンジン内部のバルブとカムとの隙間を調整する作業です。 バルブの駆動方法はそれぞれエンジンによって違うのですが今回のF20Cエンジンはロッカーアームで駆動しているのでロッカーアームのアジャストスクリュとバルブステムエンド間のすき間を調整します。 シックネスゲージを使用して隙間の測定・調整を繰り返します。 こちらの車両では、基準値:IN 0.21-0.26㎜ EX0.25-0.27 ...

続きを見る

-故障修理・整備, アルファロメオ

© 2021 増高自動車工業有限会社