営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 アルファロメオ

アルファロメオ ブレラ2.2JTS キャタライザー不良

アルファロメオ ブレラ2.2JTSのご入庫

ご用命は”昨日車を購入したばかりなのですが、エンジンチェックランプが点灯した。”とのことです。

 

まずは、何を自己診断で検出したのか診断機を使い読み出します。

故障コード P0420 キャタライザー(触媒)の不良を検出していますね。

 

キャタライザーの状況はラムダセンサーの出力で判断できますので実際にどのように作動しているのか実測値をグラフ化してみてみます。

本来、変動が少ないはずのリヤラムダセンサーがアクセルの変化に敏感に反応してしまっています。

これが原因で、車両は故障していると自己診断をしたのです。

 

現代の車には、排気ガスを浄化するために、排気管の途中にキャタライザー(触媒)と呼ばれるものが付いていて排気ガスの有害なものを還元・酸化して浄化するような仕組みになっています。

そのキャタライザーの前後にはラムダセンサー(O2センサー)と呼ばれる排気ガス中の酸素濃度を読み取るセンサーが付いています。(この車両はフロントはA/Fセンサーを使用しています)

 

ラムダセンサーは同じような形をしていますが、前と後ろのセンサーで役割が違います。

前側のセンサーは、エンジンから直接排出された排気ガスの酸素濃度をモニターしてエンジン内部の燃焼状態をコンピューターに教える役目をします。

これが壊れると空燃比フィードバックが上手くいかず、エンジンの燃焼状態が適切に保てなくなり調子が悪くなります。

後側のセンサーは、キャタライザーが正常に作動して触媒作用が働いているかをモニターしています。

キャタライザーが正常に排気ガスの浄化作用を行うことが出来ていれば、キャタライザーの下流の排気ガス中の酸素濃度は減少してかつ一定になります。

後ろ側のセンサーの出力はある程度一定であれば正常に浄化作用が起きていると判断します。

今回のお車は、エンジン回転(排出ガスの増減)にリニアに反応してしまっていますのでキャタライザーが正常に作用していない可能性があるため車両が異常と判断してチェックランプを点灯させたというわけです。

ここまでで、キャタライザーが正常に作用していない可能性が濃厚になりましたので、直接リヤラムダセンサーを外してねじ穴部分からファイバースコープ(内視鏡)を入れて内部を視てみます。

!!!

  

触媒はハニカム構造体になっているのですが崩落しています!!

シリンダー1・4番/2.3番で2系統のキャタライザーがあるのですが、1.4番側は半分くらい崩れています。

これでは正常な触媒の浄化作用は行われるわけはありません。

取り外して肉眼で覗いた状態がこちら

 

キャタライザーアッセンブリー(エキゾーストマニホールド一体)の交換になるのですが、新品では30万円を越える高額部品ですので、中古品で対応いたしました。

中古品の内部がこちら

きれいに整っています、これが正常な状態です。

 

交換後の波形はこのようになりました。フロント側のラムダセンサーが反応するような状態でも、リヤのラムダセンサーはほとんど変化ないのがわかると思います。

キャタライザーが正常に浄化していて、一定の排気ガスの状態になっているためです。

 

キャタライザー自体が勝手にここまで破損することはまずありません。何らかの外部要因があったと思うのですがこちらのお車購入したばかりで前のオーナーの修理履歴はわかりません。

考えられるのは、ミスファイヤー(失火)状態で乗り続けて触媒を異常加熱させてしまい溶かしてしまったということです。

本来、ガソリンはエンジン内部で燃焼するのですがミスファイヤーを起こし燃えなかったガソリンがキャタライザー内部に流れそこで燃えてしまい異常加熱を起こし触媒を熔解させてしまうのです。

最悪は車両火災につながるほど加熱しますので今回のように内部が破損しても不思議ではありません。

 

購入直後はチェックランプはついていなかったのですが購入した次の日には点灯したそうです。

もしかしたら前オーナーはこの故障修理が高額修理になることがわかって手放したのかもしれません。

お車のご購入の際は、なるべく信頼のおけるお店・人から購入するのはもちろんのこと、どのような修理・メンテナンス履歴を行ってきたのかわかる車両を購入なさったほうが良いと思います。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

クライスラー イプシロン ツインエア 車検整備

クライスラー イプシロン(312)車検整備でのご入庫 クライスラーで発売された車両ですがランチア イプシロンと同じです。搭載エンジンもFIATグループのツインエアを搭載しています。 900ccの2気筒ターボエンジンです。 2気筒ゆえスパークプラグの寿命は短かく2~3万km毎に交換が必要です。   エアクリーナーはこのカバーに内蔵されています。 走行距離約4万kmでこれくらいの汚れます、手前にスポンジがあり大きなゴミを取り去りそこを超えた微細なごみをフィルターでキャッチします。 僅か900ccのエ ...

続きを見る

MB スプリンター(W903)キャンパー仕様 スプリントシフト整備

メルセデスベンツ スプリンター(W903)キャンパー仕様のご入庫 このクラスは欧州ではメジャーな商用車で、日本国内ではキャンパー仕様にして乗られている方が多い車種です。 日本ではかなり大きな車両で積載車と比べるとその大きさがお分かりになると思います。 メインのご用命はトランスミッションの変速不具合を訴えてこられました。 ・減速時ギアが勝手にニュートラルになる。 ・気温の低い時に多く起きる気がする。 ・ポンプ作動時間が長い気がする。 上記の症状を訴えてこられたのですが、何か聞き覚えのある症状ではないですか? ...

続きを見る

MINI (R56)冷却水・エンジンオイル漏れ

MINI Cooper S(R56)のご入庫 駐車場に何かが垂れた跡があるとの事でご入庫 下廻りから点検してみるとウォーターポンプから冷却水が漏れているのとエンジンオイル漏れが酷くオイルパン付近までオイルで濡れているのを確認することが出来ました。 このモデル定番の不具合と言える事象です。 まずはウォーターポンプの交換から。 シャフトシールからの漏れですので寿命と言えます。   次のここもよく漏れる箇所でヒートエクスチェンジャー(熱交換器)のパッキンです。 オイルエレメントケースに付くことが多いこ ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)ラジエータ冷却水漏れ

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 エンジンオイル交換で入庫の際に冷却水のリザーバータンクが空になっているのを発見しました。 冷却水が漏れている可能性が有るので点検してみるとラジエーターからかなり漏れがありました。   緑色のものが冷却水でかなり漏れているのがわかります。 アッパータンクとコアのカシメ部分から漏れています。   新品のラジエーターに交換します。   このラジエーターは上下の黒いタンクと、放熱をするアルミのコアで構成されています。 このラジエーターの中に冷却水を ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)ステアリングアングルセンサー故障

メルセデスベンツ E350(W211) 車検でのご入庫。 メーター警告灯が点灯しています。 ESPとはエレクトロニクス スタビリティ プログラグ(横滑り防止装置)でブレーキやステアリング・エンジン等を統括コントロールしてスリップ時などに制御を介入させて走行安定性を保つものです。   様々な構成部品で出来上がっているシステムなので診断機で何の故障を検出したのか見てみます。   この故障は比較的多い故障でステアリングアングル(舵角)が上手く読み取れない時に検出することが多いです。 ステアリ ...

続きを見る

スズキ ワゴンR(MH23)走行中ゴーゴー音

スズキ ワゴンR(MH23)のご入庫 走行中、ゴーゴーすごい音がするとの事。 テスト走行してみると とてもじゃありませんが危険なレベルの異音が響いていたためすぐに走行をやめました。 お聞きください https://masutaka.co.jp/images/VID_20191112_152526.mp4 手で回してこれだけの音ですので走ればかなりの音になるのはわかります。 これは後輪の車輪中心を支えているベアリングからの異音です。 ベアリングにガタが出て異音を発生させていました。   何度かこの ...

続きを見る

ニッサン フーガ(Y50)ATF交換

ニッサン フーガ(Y50)のご入庫 オートマチックトランスミッションフルード(ATF)交換のご依頼です。 こちらのお車走行距離は・・・ 約30万kmです! 距離は伸びていますが定期的にATFの交換は行っていたそうでオーナー自身でしっかり管理なさっています。 今回は、オイルパンは外さずに圧送式ATFチェンジャーでのフルード交換依頼です。 使用フルードは、WAKO'S セーフティスペック 低粘度タイプのハイスペックモデルです。 抜き出したフルードはご覧のように真っ黒です。 https://masutaka.c ...

続きを見る

BMW 318i (E46)ATF交換

BMW 318i (E46)のご入庫 定期的に行っているオートマチックトランスミッションフルード(ATF)のご依頼を受けました。 お客様、愛車のメンテナンスはしっかり行っていてATFも定期的に何回か行っております。 当店でも4万km台、9万km台と行ってきていますが今回は13万km台でのお取替えです。 始めの一回目はオイルパンを外して内部ストレーナーも交換しての交換、2回目はフルードのみの交換でした。 今回は前回フルードのみでしたのでオイルパンを開けて内部ストレーナーもあわせて交換を行います。 &nbsp ...

続きを見る

マツダ RX-8 加速時息継ぎ

マツダ RX-8のご入庫 ご用命は高速道路走行中に加速しようとした一瞬もたついて加速をしなかったとの事。 細かく問診をしていきます。 ・チェックランプ点灯なし(故障コード)の検出なし ・100km/hほどの速度で一定速で走っていたが前方車両を追い抜くため車線変更の際少しアクセルを踏み込んだ時に一瞬アクセルが反応しなかった。(アクセルを踏み込んでも加速しなかった) ・そのあとは怖かったので一定速で走り続けたが何も起きなかった。 ・初めて起こった症状で一般道では発生していない。 上記のような内容で、故障コード ...

続きを見る

MINI クーパー(R53)クラッチ滑り

MINIクーパーS(R53)のご入庫 クラッチがつながらず走行不能で緊急搬送されてきました。 クラッチペダルの節度はあるがつながりません、完全に滑っています。 クラッチオーバーホールを行うほかありません。 取り外したクラッチ板はご覧の通り 摩擦面は炭化して無くなって芯となる繊維のみが残ってパサパサになっています! 滑って高温になった結果です! これでは動力を伝えることは出来ませんので走れるわけありません。 新品はこのような物です。   クラッチはディスク・カバー・ベアリングの3点で交換します。 ...

続きを見る

-故障修理・整備, アルファロメオ

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2019 All Rights Reserved.