営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フィアット

FIAT500 オーバーヒートによる最悪な結末

FIAT500のご入庫

走行中エンジンが止まりそれから掛からなくなったとの事で搬送されてきました。

状況を伺うとどうやらオーバーヒートの症状もあった模様。

クランキングしてみますがまったく圧縮がない状態ですのでもしかしたらタイミングベルトが切れているのかと確認してみようとタイミングベルトカバーのボルトを緩めて外そうとしますがカバーが張り付いていて外れません。

何かカバーが接着されているようですので、誰かが密閉を良くしようなんて思って何か塗っているのかもしれません。

ようやく外してベルトを点検しますがどうやら切れていませんしタイミングもずれていません。

 

次にオーバーヒートの症状があったとの事でしたのでお決まりのサーモスタットを見るとやはり樹脂のパイプ部分がぽっきり折れています。

オーバーヒートを起こしたのはわかりました、エンジンが掛からないのは圧縮が無いからですのでオーバーヒートによるガスケット抜けが起きたのでしょう。

しかし何か変です。

ガスケットが抜けたにしては、あまりにも圧縮が無い回り方をしています。

これはもしかしてガスケット抜けどころではない大きな故障を起こしているのかもしれません。

頭を切り替え、もう一度よく調べると先ほどのタイミングベルトカバーは接着されていたのではなく高温のため樹脂製のカバーが溶けて張り付いていたのです。

さらによく見ると樹脂製のインテークマニホールドとエンジンヘッドの合わせ面も樹脂が溶けています!

これはオーバーヒートを起こしさらに高温にさらされた結果、金属が樹脂部品を溶かすほどの高温状態になったことを物語っています。

一般的なオーバーヒートではここまでのことは起きません。

エンジンに致命的なダメージを与えていると判断できますのでエンジン自体の交換が必要であることをお客様に伝え中古エンジンに乗せ換えることになりました。

 

トラブルを起こしたエンジンを分解していきます。

サーモスタットはご覧の通り

 

ブロック側はさらに悲惨な状況になっていました。

ピストントップは棚落ちしていますし4番ピストンは割れてピストンピンがずれています。

これではまったく圧縮が無くなるのは当然のことです。

シリンダーにはピストンの溶けたアルミがこびり付いています。

エンジン内部はオイルの焦げたにおいが充満していてかなり酷い焼き付きを起こしていました。

 

ここまでに至る経緯はこのような感じでしょう。

①走行中サーモスタットの樹脂パイプが割れて冷却水が大量に漏れてオーバーヒート
      ↓
②オーバーヒートに気が付かず走行を継続
      ↓
③冷却水が無い空焚きの状態で走行を続けた結果油温が急上昇
      ↓
④油温上昇によりオイル性能限界を超え油膜切れによりピストン破損
      ↓
⑤ピストン破損により圧縮が無くなりエンジンストール

ここまでに至ることは非常にまれなことです。

 

ここで疑問”なぜオーバーヒートに気が付かなかったのか?”ということです。

こちらの車両もちろん水温計はありますので水温が上昇すればメーターも上がりますしあまりに水温が高温になれば警告灯も点灯します。

しかし車両はなかなか教えてくれませんでした。

その原因はこちら

これはサーモスタットに装着されている水温センサーです。

水温センサーは冷却水に浸かり水温をセンシングしているのですが今回の様にパイプが割れて冷却水が一気に噴き出すとセンサーは冷却水に浸らない状態になりますので実際には水温をモニターすることが出来なくなります。

走行中ですと高温になった蒸気も走行風で流されてしまいますので水温センサーは事実上役に立ちません。

今回は夜間に幹線道路を走行していたので走行スピードもそこそこあるため運転者も冷却水がもれた蒸気にも気が付かなかったようです。

エンジンがストールしたことで警告灯及び警告音が発報して初めて気が付いたのです。

 

そもそものオーバーヒートの原因はサーモスタットの樹脂パイプの割れです。

ここが割れたことで一瞬で冷却水が噴き出ました。

以前からこのサーモスタットのトラブルは多かったのですが経年劣化も進み年々トラブルが増えています。
故障事例 リンク

当店ではトラブルを未然に防ぐ意味で対策済サーモスタットに交換を勧めています。

車両火災寸前のオーバーヒートによる最悪な結末でした。

 

 

 

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

1月の営業日のお知らせ

新年は1月5日からの営業とさせていただきます。 なお、1月の日曜・祝日営業は諸事情により行いません。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。  

続きを見る

ヘッドライトプロテクションフィルム施工

以前からヘッドライトが劣化により曇ってしまい、こまめに磨いたりしていてもすぐに元に戻ってしまう為プロテクションフィルムを施工することになりました。   施工内容をご説明します。 劣化により曇りや黄ばみが出ています。 表面のクリア層が劣化で曇ったり黄ばんだりしていることが原因ですが、こちらの車両ではこまめに手入れしていてもすぐにこのようになってしなうことが悩みの種でした。 始めに劣化したクリア層を研磨して落とします。   研磨を繰り返して最終的に磨き上げるとここまできれいになります。 & ...

続きを見る

ニッサン ルークス(ML21)走行中ゴー音

ニッサン ルークス(ML21)のご入庫 走行中”ゴー”と大きな音がするとの事 テスト走行すると車両後方からゴーと大きな音が聞こえます。 原因はこちら こちらは後輪のブレーキドラムですが中心部にハブベアリングが挿入されています。 ベアリングが傷んだことで異音が発生しました。 ベアリングは車軸を支える重要な役目をしますがガタや異音が出るということはベアリング自体がスムーズに回らなくなっているということになります。 やがて抵抗は増え発熱して最終的には焼き付いて破損します。 走行中は必ず回転しているところですので ...

続きを見る

フォード マスタング 燃圧センサー故障

フォード マスタングのご入庫 エンジンチェックランプが点灯したとの事。 診断機で故障コードを読み出します。 どうも燃料圧力センサーの異常を検出しています。 このセンサー故障はどのメーカーも多く燃料圧力を読み取ることで燃料ポンプの作動を適切に制御するのですが、このセンサーが壊れて異常な数値を出してしまうと燃料ポンプの制御が正しく行われず燃圧異常でエンストや始動困難など様々な症状が発生します。 燃料圧力センサー 燃料デリバリーパイプに取り付けられています。 初めはチェックランプが点灯してもエンジンに不調が出な ...

続きを見る

アルファロメオ147TS マニュアルクラッチがおかしい

アルファロメオ 147ツインスパーク のご入庫 クラッチペダルの感じがおかしくその時はバックギアにも入らなかったとの事。 しかし点検してもペダル操作力に違和感は有りませんしクラッチも切れない感じはしません。 クラッチペダルの踏力も悪くないことからクラッチ板の摩耗はそれほど進んでいないと思われます。 油圧の操作系統はフルードの漏れも見当たりませんし、フルード量の減少も見受けられませんでした。 ただ、お客様が訴えていたバックギアに入れられなかったという症状はクラッチが切れない症状で間違いなく油圧系統の不具合の ...

続きを見る

ダイハツ ロッキー(F300S)オイルプレッシャー異常

ダイハツ ロッキー(F300S)のご入庫 平成6年式のロッキー、ラダーフレームで1600ccエンジン搭載のクロカン車両になります。   高速道路走行中にエンジンオイルプレッシャーが点灯したとの事でお電話で連絡が入りました。 オイルプレッシャーランプ(油圧ランプ)は、オイルが正常に送りだしているかをモニターしているランプで、このランプが点灯したりすることはオイルが各部に行き届いていない可能性があることを示しています。 エンジンから変な音が出ていないか、オイルプレッシャーランプの点灯はその後続いてい ...

続きを見る

メルセデスベンツ C180(W204)エアポンプ故障の原因

メルセデスベンツC180(W204)のご入庫 ご用命は、エンジンを掛けるときに回るエアポンプの音が異常に大きかったが、最近では全く音がしなくなったとの事。 このエアポンプとは2次エアポンプのことでエンジン始動時の排気ガス浄化を目的として触媒にエアを送り込む役割をします。 作動するのは始動時の空燃比の濃い状態時のみ作動しますので、ポンプはすぐに止まってしまいます。 今までエアポンプの異音が気になっていたが、最近では全く音がしないということですので壊れてポンプが回らなくなったことが想定できます。   ...

続きを見る

トヨタ クラウン(JZS147)タイミングベルト交換 他

トヨタ クラウン(JZS147)のご入庫 平成6年式で30年近く経っているのと、しばらく車検を切って寝かせていたのでいろいろ診てもらいたいとのご依頼でした。 エンジンで一番気になるところはタイミングベルトです。 走行距離10万kmですので距離で交換時期なのはもとより、距離が伸びていなかったとしても年数的にかなり不安です。 ベルトのみならずウォーターポンプやオイルシールも交換します。   次に点火系統です。 スパークプラグも汚れ・摩耗共に交換時期 エアクリーナーも真っ黒です。 ディストリビューター ...

続きを見る

ボルボ V60 T6 駆動系統油脂交換

ボルボ V60 T6のご入庫 T6は横置き6気筒のハイエンドモデルになります。   ご依頼は駆動系統の油脂交換です。 まずはATフルード交換でアイシン製6速オートマチックです。 ドレンとオーバーフローチューブが一体になっています。 フィラーはミッション上面にあります。 フルードは規定温度でオーバーフローにて調整します。   フルード交換後は診断機からフルード劣化度のリセットを実施。   次にAWDでハルデックスを搭載していますのでハルデックスフルードを交換します。 ハルデック ...

続きを見る

AUDI A3(8P)冷却水漏れ

AUDI A3(8P)のご入庫 冷却水レベルの警告灯が点灯したとの事でご入庫 1.4L(CAX)ユニット搭載車両 エンジンルームを覗くと冷却水の甘いにおいがします。 ターボチャージャーの冷却水パイプ取付口から冷却水が漏れています。 パイプを取り外すとオーリングが溶けたような状態になっていました。 高温になるこの部分の漏れは比較的多く、経年劣化と相まってオーリングがダメになるようです。 同様故障事例 リンク ある程度年数が経った場合突然漏れ出すことがありますのでメンテナンスとして先に交換するか、警告灯の点灯 ...

続きを見る

-故障修理・整備, フィアット

© 2022 増高自動車工業有限会社