営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フィアット

FIAT500 オーバーヒートによる最悪な結末

FIAT500のご入庫

走行中エンジンが止まりそれから掛からなくなったとの事で搬送されてきました。

状況を伺うとどうやらオーバーヒートの症状もあった模様。

クランキングしてみますがまったく圧縮がない状態ですのでもしかしたらタイミングベルトが切れているのかと確認してみようとタイミングベルトカバーのボルトを緩めて外そうとしますがカバーが張り付いていて外れません。

何かカバーが接着されているようですので、誰かが密閉を良くしようなんて思って何か塗っているのかもしれません。

ようやく外してベルトを点検しますがどうやら切れていませんしタイミングもずれていません。

 

次にオーバーヒートの症状があったとの事でしたのでお決まりのサーモスタットを見るとやはり樹脂のパイプ部分がぽっきり折れています。

オーバーヒートを起こしたのはわかりました、エンジンが掛からないのは圧縮が無いからですのでオーバーヒートによるガスケット抜けが起きたのでしょう。

しかし何か変です。

ガスケットが抜けたにしては、あまりにも圧縮が無い回り方をしています。

これはもしかしてガスケット抜けどころではない大きな故障を起こしているのかもしれません。

頭を切り替え、もう一度よく調べると先ほどのタイミングベルトカバーは接着されていたのではなく高温のため樹脂製のカバーが溶けて張り付いていたのです。

さらによく見ると樹脂製のインテークマニホールドとエンジンヘッドの合わせ面も樹脂が溶けています!

これはオーバーヒートを起こしさらに高温にさらされた結果、金属が樹脂部品を溶かすほどの高温状態になったことを物語っています。

一般的なオーバーヒートではここまでのことは起きません。

エンジンに致命的なダメージを与えていると判断できますのでエンジン自体の交換が必要であることをお客様に伝え中古エンジンに乗せ換えることになりました。

 

トラブルを起こしたエンジンを分解していきます。

サーモスタットはご覧の通り

 

ブロック側はさらに悲惨な状況になっていました。

ピストントップは棚落ちしていますし4番ピストンは割れてピストンピンがずれています。

これではまったく圧縮が無くなるのは当然のことです。

シリンダーにはピストンの溶けたアルミがこびり付いています。

エンジン内部はオイルの焦げたにおいが充満していてかなり酷い焼き付きを起こしていました。

 

ここまでに至る経緯はこのような感じでしょう。

①走行中サーモスタットの樹脂パイプが割れて冷却水が大量に漏れてオーバーヒート
      ↓
②オーバーヒートに気が付かず走行を継続
      ↓
③冷却水が無い空焚きの状態で走行を続けた結果油温が急上昇
      ↓
④油温上昇によりオイル性能限界を超え油膜切れによりピストン破損
      ↓
⑤ピストン破損により圧縮が無くなりエンジンストール

ここまでに至ることは非常にまれなことです。

 

ここで疑問”なぜオーバーヒートに気が付かなかったのか?”ということです。

こちらの車両もちろん水温計はありますので水温が上昇すればメーターも上がりますしあまりに水温が高温になれば警告灯も点灯します。

しかし車両はなかなか教えてくれませんでした。

その原因はこちら

これはサーモスタットに装着されている水温センサーです。

水温センサーは冷却水に浸かり水温をセンシングしているのですが今回の様にパイプが割れて冷却水が一気に噴き出すとセンサーは冷却水に浸らない状態になりますので実際には水温をモニターすることが出来なくなります。

走行中ですと高温になった蒸気も走行風で流されてしまいますので水温センサーは事実上役に立ちません。

今回は夜間に幹線道路を走行していたので走行スピードもそこそこあるため運転者も冷却水がもれた蒸気にも気が付かなかったようです。

エンジンがストールしたことで警告灯及び警告音が発報して初めて気が付いたのです。

 

そもそものオーバーヒートの原因はサーモスタットの樹脂パイプの割れです。

ここが割れたことで一瞬で冷却水が噴き出ました。

以前からこのサーモスタットのトラブルは多かったのですが経年劣化も進み年々トラブルが増えています。
故障事例 リンク

当店ではトラブルを未然に防ぐ意味で対策済サーモスタットに交換を勧めています。

車両火災寸前のオーバーヒートによる最悪な結末でした。

 

 

 

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

アウトビアンキ A112アバルト コトコト異音

アウトビアンキ A112 アバルトのご入庫 走行中酷いコトコト音がするようになったとのこと。 車両を点検すると右前輪に大きなガタが発生していました。   原因はステアリングラックのガタです。 この時代のFIATなども同じことが起きることが多いようですがステアリングラック内部のブッシュが破損したりするとシャフトの支えが無くなってガタガタになります。 ラックブーツを外して内部を見るとシャフトを支えるカラーが抜け出て外れていました。 本来は爪で引っかかって抜けてくることはないはずなのですが爪の部分が削 ...

続きを見る

ニッサン グロリア(PY30)パワステホース破損

ニッサン グロリア(PY30)のご入庫 パワステフルードが大量に漏れ出しているとのこと。 ステアリングを切るとフルードが垂れてくるため漏れ箇所を調べるとパワーステアリングホースから漏れ出していることがわかりました。 圧力ホースが劣化により破れたことで漏れ出しました。 ホースを交換する必要がありますが、漏れ出したホースは製造廃止、漏れ出しそうなもう一本のホースはまだ供給されていたのですがびっくりするほど高額な値段になっていました。 高圧油圧ホースの加工ができる業者を探して修理を依頼しました。 漏れていない側 ...

続きを見る

FIAT PANDAⅡ パワステセンサー交換不良

FIAT PANDAⅡのご入庫 パワーステアリングが効かないとの事でお問い合わせでした。 このモデルのパワーステアリングは電動アシストタイプになります。   お客様、遠方からご来店いただき詳しい経緯を聞くことが出来ました。 他店にてパワーステアリングのステアリングセンサーを取り換えてもらったところ勝手にステアリングが回ってしまい乗ることすら出来なくなったとの事。 そこのお店ではパワーステアリングユニット自体が悪いのでユニットごと交換するしかないと言われたそうです。 しかしこの車両ドイツ仕向けの左 ...

続きを見る

ランドローバー フリーランダー2 駆動系統オイル交換

ランドローバー フリーランダー2のご入庫 車検整備の際、駆動系統のオイル交換をご依頼されました。 はじめにオートマチックフルードの交換から始めます。 こちらのミッションはAISIN製6速オートマチックです。   ドレンからフルードを排出しますが真っ黒です。 レベルチューブも外してした下から抜ける分すべて抜きますが、ここから抜けるオイルの量は良くても全体の半分です。 そこで何度か新油を入れてフラッシングを行います。 フラッシング後は適正な温度でフルードレベルの調整を行い終了です。 次にトランスファ ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)停車時エアコン効かない

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 ”信号待ちなどで停車したときエアコンがぬるく効かなくなる・走行中は冷える” ”エアコンが効かない時エンジンチェックランプが点灯した気がする”とのこと チェックランプが点灯したのでしたら診断機でまず故障コードを読み出しますがなぜか何も検出していません。 しかし、水温が110℃に達していることに気が付きました! この車両には水温計はなく水温ランプしかありません。そのため水温が異常に上がっていても気が付くことが遅れてしまいます。 水温異常の原因を調べるとラジエーターの電動冷却 ...

続きを見る

FIAT500 ベルト鳴きのような音がしていると近いうち走行不能になります。

FIAT 500のご入庫 ”突然ニュートラルになって走行が出来なくなった”との事 定番のデュアロジックユニットの故障の可能性がありますが、実はこちらのお車以前から異音が出ており”そろそろクラッチがだめになる”と注意していました。 異音はベルト鳴きのようなキュルキュル音です。 これはクラッチのレリーズベアリングから発するベアリングが焼き付く寸前の音で、焼き付いてしまえばクラッチの操作が出来なくなりますのでそのような注意をしていたのです。 ではトランスミッションを降ろしてクラッチを見てみますと、案の定、レリー ...

続きを見る

メルセデス ベンツ ゲレンデ(463) 車検整備

メルセデスベンツ ゲレンデ(463)車検のご入庫 走行距離6万㎞台に達したので車検整備と予防的なメンテナンス一式のご依頼を承りました。 まずはディーゼルエンジンのオイル交換。 フィルターはこのように真っ黒です。ディーゼル機関は構造上ススが出るためオイルが真っ黒になります。 直噴のガソリンも同様なのですがススは機関に対する攻撃性がありますので排出するためにも定期的な交換が重要になります。 フィルターといえば燃料フィルターも同様に交換します。 非分解ですがどれくらい汚れているか分解して見てみます。 ウォーター ...

続きを見る

FIAT 500 エアコンガス漏れ

FIAT500のご入庫 他店でエアコンガスを足してもらったが漏れてしまっているとの事。 ガスを入れてもすぐに無くなってしまうしエアコンの吹き出し口から化学臭がするとのことで、室内側でエアコンガスが漏れてしまっていると指摘されたそうです。 当店でも吹き出し口の臭いを嗅ぐとエアコンのガス臭(オイル臭)がすることを確認できたため残念ながら室内側のエアコンユニットを取り外さなければならないと診断致しました。 ヒーターも冷媒ユニットも室内のダッシュボードの内側にあるため作業は非常に大きなものになります。 ここまで分 ...

続きを見る

FIAT グランデプントアバルト タイミングベルト交換

FIAT グランデプントアバルトのご入庫 タイミングベルトベルト交換のご依頼 1.4Lのツインカムエンジン搭載ですがタイミングベルト交換は4年もしくは4万km毎の交換が基本になるのには変わりありません。 交換にはSSTを使用します。   ウォーターポンプは1度は交換されているようですが、液状ガスケットが塗りすぎなのが気になります。 はみ出た液状ガスケットがフィンにまで付いてしまっています。 どの部分でもそうなのですがはみ出た液状ガスケットが油・水路に回りトラブルを起こすことがありますので、塗りす ...

続きを見る

ニッサン NV350キャラバン エアコンコンプレッサー故障

ニッサン NV350キャラバンのご入庫 何かエンジンがうるさくベルト鳴きのような音がするのと、エアコンも効かない気がするとの事。 エンジンを掛けると”ゴー”と酷い音が聞こえます。 エンジンを掛けながら異音の原因を調べていくとエアコンのコンプレッサーがおかしいことに気が付きました。 ベルトの掛かるプーリーが斜めに傾いています!   エアコンコンプレッサーのON/OFFを行うマグネットクラッチプーリーが斜めに傾いて激しい異音を発していたのです。 ベアリングにガタが生じてベルトの力で引き寄せられて傾い ...

続きを見る

-故障修理・整備, フィアット

© 2022 増高自動車工業有限会社