栃木県宇都宮市の整備工場
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

ご注意

ブログ内の整備・修理等各記事の作業内容や作業方法のご質問にはお答えできません。 また、作業料金についても車両を当社まで入庫いただき、実際に見させていただいてからのお見積りとなります。 概算の金額についても電話やメールではお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

故障修理・整備 フィアット

FIAT500 オーバーヒートによる最悪な結末

FIAT500のご入庫

走行中エンジンが止まりそれから掛からなくなったとの事で搬送されてきました。

状況を伺うとどうやらオーバーヒートの症状もあった模様。

クランキングしてみますがまったく圧縮がない状態ですのでもしかしたらタイミングベルトが切れているのかと確認してみようとタイミングベルトカバーのボルトを緩めて外そうとしますがカバーが張り付いていて外れません。

何かカバーが接着されているようですので、誰かが密閉を良くしようなんて思って何か塗っているのかもしれません。

ようやく外してベルトを点検しますがどうやら切れていませんしタイミングもずれていません。

 

次にオーバーヒートの症状があったとの事でしたのでお決まりのサーモスタットを見るとやはり樹脂のパイプ部分がぽっきり折れています。

オーバーヒートを起こしたのはわかりました、エンジンが掛からないのは圧縮が無いからですのでオーバーヒートによるガスケット抜けが起きたのでしょう。

しかし何か変です。

ガスケットが抜けたにしては、あまりにも圧縮が無い回り方をしています。

これはもしかしてガスケット抜けどころではない大きな故障を起こしているのかもしれません。

頭を切り替え、もう一度よく調べると先ほどのタイミングベルトカバーは接着されていたのではなく高温のため樹脂製のカバーが溶けて張り付いていたのです。

さらによく見ると樹脂製のインテークマニホールドとエンジンヘッドの合わせ面も樹脂が溶けています!

これはオーバーヒートを起こしさらに高温にさらされた結果、金属が樹脂部品を溶かすほどの高温状態になったことを物語っています。

一般的なオーバーヒートではここまでのことは起きません。

エンジンに致命的なダメージを与えていると判断できますのでエンジン自体の交換が必要であることをお客様に伝え中古エンジンに乗せ換えることになりました。

 

トラブルを起こしたエンジンを分解していきます。

サーモスタットはご覧の通り

 

ブロック側はさらに悲惨な状況になっていました。

ピストントップは棚落ちしていますし4番ピストンは割れてピストンピンがずれています。

これではまったく圧縮が無くなるのは当然のことです。

シリンダーにはピストンの溶けたアルミがこびり付いています。

エンジン内部はオイルの焦げたにおいが充満していてかなり酷い焼き付きを起こしていました。

 

ここまでに至る経緯はこのような感じでしょう。

①走行中サーモスタットの樹脂パイプが割れて冷却水が大量に漏れてオーバーヒート
      ↓
②オーバーヒートに気が付かず走行を継続
      ↓
③冷却水が無い空焚きの状態で走行を続けた結果油温が急上昇
      ↓
④油温上昇によりオイル性能限界を超え油膜切れによりピストン破損
      ↓
⑤ピストン破損により圧縮が無くなりエンジンストール

ここまでに至ることは非常にまれなことです。

 

ここで疑問”なぜオーバーヒートに気が付かなかったのか?”ということです。

こちらの車両もちろん水温計はありますので水温が上昇すればメーターも上がりますしあまりに水温が高温になれば警告灯も点灯します。

しかし車両はなかなか教えてくれませんでした。

その原因はこちら

これはサーモスタットに装着されている水温センサーです。

水温センサーは冷却水に浸かり水温をセンシングしているのですが今回の様にパイプが割れて冷却水が一気に噴き出すとセンサーは冷却水に浸らない状態になりますので実際には水温をモニターすることが出来なくなります。

走行中ですと高温になった蒸気も走行風で流されてしまいますので水温センサーは事実上役に立ちません。

今回は夜間に幹線道路を走行していたので走行スピードもそこそこあるため運転者も冷却水がもれた蒸気にも気が付かなかったようです。

エンジンがストールしたことで警告灯及び警告音が発報して初めて気が付いたのです。

 

そもそものオーバーヒートの原因はサーモスタットの樹脂パイプの割れです。

ここが割れたことで一瞬で冷却水が噴き出ました。

以前からこのサーモスタットのトラブルは多かったのですが経年劣化も進み年々トラブルが増えています。
故障事例 リンク

当店ではトラブルを未然に防ぐ意味で対策済サーモスタットに交換を勧めています。

車両火災寸前のオーバーヒートによる最悪な結末でした。

 

 

 

栃木県宇都宮市の整備工場月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン デイズルークス(ML21S)エアコン重複故障

ニッサン デイズルークス(ML21S)のご入庫 エアコンが温風しか出ないとの事 エアコンの冷房が効かない云々よりも温風しか出ませんので、エアコンコントロールがヒーター側で固定されているようです。 オートエアコンで自己診断機能がありますので操作パネルを操作して読み出すとパネルに20.3という数字が出ました。 この数字は故障コードのことで20.3はエアミックスアクチュエーターの故障コードを表しています。 エアミックスアクチュエーターとはエアコンユニット内部の温かい所と冷たい所に風を振り分けるフラップをコントロ ...

続きを見る

ルノー メガーヌⅢRS 冷房が効くときと効かない時がある

ルノー メガーヌⅢRSのご入庫 エアコン(冷房)が効くときと効かない時があるとの事。 ご来店時は効いているとの事で確かに冷たい風は出ていました。 しかし冷媒ガスのメンテナンスは行った記憶が無いとの事でしたのでまずはガス量が適正なのかを確認するために冷媒ガスのメンテナンスを行うことにします。 冷媒ガスを車両から専用機に抜き出して測量すると規定値510gに対して320gしか回収できませんでしたので190gほど減っている状態でした。 これは漏れているというよりもゴムホースやジョイント部分からわずかに大気に放出し ...

続きを見る

ホンダ アコード(CF3) エンジンオイル漏れ

ホンダ アコード(CF3)のご入庫 エンジンオイルが地面まで垂れているとの事。 漏れ箇所はエンジン後端部でオイル漏れをたどるとそこにはディストリビュータがありました。 この部品はカムシャフトで駆動するため中に回転するシャフトがありますが、シールが悪くなりエンジンオイルがシャフトを伝わり漏れ出していました。 デスビキャップ内側にもオイルが飛び散って掛かっています。   まだこの部品自体リビルトの供給がありましたのでリビルトアッセンブリーで交換します。 ディストリビューターの役割は複数シリンダーを持 ...

続きを見る

フォード エコスポーツ 冷却水もれ 

フォード  エコスポーツ 冷却水が漏れてしまっているためロードサービスで搬送されました。 漏れ箇所は一目瞭然で冷却水リザーブタンクへの戻り側パイプ取付部の割れです。 戻り側ですのでどんどんここから冷却水が漏れて無くなっていきます。 樹脂製のパイプが割れてしまっています。 ユーザーはビニールテープで何とか付けようとしたようですがタンクまで圧力が掛かるためテープ位で漏れを止めることはできません。  タンクにも細かなクラックが発生しているため同時に交換します。 現代車はこのように水回りに樹脂部品を使うことが普通 ...

続きを見る

ダイハツ  ロッキー(F300S)ステアリングアイドラアームのガタ

ダイハツ ロッキー(F300S)のご入庫 初代ロッキーで平成6年式になります。 エンジンオイル交換の際に重大な不具合を発見しました。 ステアリングアイドラアームのボールジョイントが外れ掛かっています。 揺するとボールジョイントはガタガタになっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20221119_113630.mp4 アイドラアームの支点部分のブッシュにもガタが発生していました。 ステアリングの操作を伝える重要な部品でもし外れた場合はハンドル操作が出来なくなる重 ...

続きを見る

ゴールデンウィーク期間の休業日のお知らせ

    ゴールデンウィーク期間は4月28日(日曜日)から5月6日(月曜日)は休業させて頂きます。  

続きを見る

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気噴射装置故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 以前、2次空気ポンプの故障修理を行った(リンク)こちらの車両、修理から半年後再度同様のチェックランプが点灯したとのご連絡。   診断機を使用して故障コードを読み出します。 以前検出した空気ポンプやドライバーとは違う2次空気圧力センサーのエラーを検出しました。 2次空気噴射装置は前回交換した空気ポンプで圧送された空気をエキゾーストマニホールドに送り込むのですがV型6気筒のこのエンジンではエキゾーストマニホールドが左右バンクで別れるためそれぞれのバン ...

続きを見る

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気ポンプ故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 エンジンチェックランプが複数点灯したが特に走っていて症状は感じないとのこと 診断機を使用して故障コードを読み出すと2次空気ポンプに関連するエラーを検出しています。 2次空気システムとはエンジン始動時に排気管に外気(酸素)を送り込むことにより排気ガス中の未燃焼ガスを完全燃焼させる事と、同時に燃焼により触媒の温度も上げることで触媒の効率を素早く上げることを目的にした排気ガス浄化装置になります。 この車両の場合2次エアポンプと呼ばれるベーンモーターが車両右前に装 ...

続きを見る

VW up! EPCランプ点灯

VW up!のご入庫 メーター内にEPCというランプが点灯して加速が悪くなったとの事 EPCとはエレクトリックパワーコントロールの略で複数のシステムをまたいで不具合を警告するのですが、今回はこれ以外にエンジンチェックランプも点灯したようなのでエンジンに関連する不具合が発生した模様です。 診断機を使用して故障コードを読み出します。 スロットルバルブとミスファイヤ関連の故障コードを検出しました。 スロットルバルブは内部センサーの一つが検出できなくなっていたため内部不良と判断して交換します。   電子制御式のス ...

続きを見る

クライスラー イプシロン(312)ツインエアー加速中息つき

クライスラー イプシロン(312)のご入庫 ゆっくり加速しているときは問題ないが、少し強めに加速をすると息つきのようにガクガクするとのこと。 こちらのエンジンはフィアットのツインエアと呼ばれる2気筒ターボエンジンなります。   アクセル開度を少なめな低負荷時には何も違和感は感じませんが少し強く踏み込んで負荷を上げるとエンジンがクシュンクシュンと息継ぎのような症状が起き加速不良で車体もガクガクします。 その時にエンジンチェックランプも点灯します。 診断機で故障コードを読み出すとイグニッション(火花 ...

続きを見る

-故障修理・整備, フィアット

© 2024 増高自動車工業有限会社