営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フィアット

FIAT500 オーバーヒートによる最悪な結末

FIAT500のご入庫

走行中エンジンが止まりそれから掛からなくなったとの事で搬送されてきました。

状況を伺うとどうやらオーバーヒートの症状もあった模様。

クランキングしてみますがまったく圧縮がない状態ですのでもしかしたらタイミングベルトが切れているのかと確認してみようとタイミングベルトカバーのボルトを緩めて外そうとしますがカバーが張り付いていて外れません。

何かカバーが接着されているようですので、誰かが密閉を良くしようなんて思って何か塗っているのかもしれません。

ようやく外してベルトを点検しますがどうやら切れていませんしタイミングもずれていません。

 

次にオーバーヒートの症状があったとの事でしたのでお決まりのサーモスタットを見るとやはり樹脂のパイプ部分がぽっきり折れています。

オーバーヒートを起こしたのはわかりました、エンジンが掛からないのは圧縮が無いからですのでオーバーヒートによるガスケット抜けが起きたのでしょう。

しかし何か変です。

ガスケットが抜けたにしては、あまりにも圧縮が無い回り方をしています。

これはもしかしてガスケット抜けどころではない大きな故障を起こしているのかもしれません。

頭を切り替え、もう一度よく調べると先ほどのタイミングベルトカバーは接着されていたのではなく高温のため樹脂製のカバーが溶けて張り付いていたのです。

さらによく見ると樹脂製のインテークマニホールドとエンジンヘッドの合わせ面も樹脂が溶けています!

これはオーバーヒートを起こしさらに高温にさらされた結果、金属が樹脂部品を溶かすほどの高温状態になったことを物語っています。

一般的なオーバーヒートではここまでのことは起きません。

エンジンに致命的なダメージを与えていると判断できますのでエンジン自体の交換が必要であることをお客様に伝え中古エンジンに乗せ換えることになりました。

 

トラブルを起こしたエンジンを分解していきます。

サーモスタットはご覧の通り

 

ブロック側はさらに悲惨な状況になっていました。

ピストントップは棚落ちしていますし4番ピストンは割れてピストンピンがずれています。

これではまったく圧縮が無くなるのは当然のことです。

シリンダーにはピストンの溶けたアルミがこびり付いています。

エンジン内部はオイルの焦げたにおいが充満していてかなり酷い焼き付きを起こしていました。

 

ここまでに至る経緯はこのような感じでしょう。

①走行中サーモスタットの樹脂パイプが割れて冷却水が大量に漏れてオーバーヒート
      ↓
②オーバーヒートに気が付かず走行を継続
      ↓
③冷却水が無い空焚きの状態で走行を続けた結果油温が急上昇
      ↓
④油温上昇によりオイル性能限界を超え油膜切れによりピストン破損
      ↓
⑤ピストン破損により圧縮が無くなりエンジンストール

ここまでに至ることは非常にまれなことです。

 

ここで疑問”なぜオーバーヒートに気が付かなかったのか?”ということです。

こちらの車両もちろん水温計はありますので水温が上昇すればメーターも上がりますしあまりに水温が高温になれば警告灯も点灯します。

しかし車両はなかなか教えてくれませんでした。

その原因はこちら

これはサーモスタットに装着されている水温センサーです。

水温センサーは冷却水に浸かり水温をセンシングしているのですが今回の様にパイプが割れて冷却水が一気に噴き出すとセンサーは冷却水に浸らない状態になりますので実際には水温をモニターすることが出来なくなります。

走行中ですと高温になった蒸気も走行風で流されてしまいますので水温センサーは事実上役に立ちません。

今回は夜間に幹線道路を走行していたので走行スピードもそこそこあるため運転者も冷却水がもれた蒸気にも気が付かなかったようです。

エンジンがストールしたことで警告灯及び警告音が発報して初めて気が付いたのです。

 

そもそものオーバーヒートの原因はサーモスタットの樹脂パイプの割れです。

ここが割れたことで一瞬で冷却水が噴き出ました。

以前からこのサーモスタットのトラブルは多かったのですが経年劣化も進み年々トラブルが増えています。
故障事例 リンク

当店ではトラブルを未然に防ぐ意味で対策済サーモスタットに交換を勧めています。

車両火災寸前のオーバーヒートによる最悪な結末でした。

 

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン キャラバン (E25) 前輪ハブベアリング ガタ

ニッサン キャラバン(E25)のご入庫 車検でのご入庫ですが、前輪のハブベアリングにガタが発生しています。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20201111_133317.mp4 動画ではガタをお伝えするのは難しいのですが、ホイールを横方向に力を加えるとカタカタするのが、本来はこのような力を加えてもガタは出ません。 ハブベアリングとはタイヤの中心部のハブというところのベアリングで、ここを軸にしてタイヤが回る非常に重要な部分になります。 点検の際はこのベアリングにガタや異 ...

続きを見る

AUDI A4(B8)車検整備

AUDI A4 アバント(B8)車検整備でのご入庫 車検でのお預かりですが、”ブレーキフルードレベルの警告灯が付いたり消えたりする”事があることが気になるそうです。 ブレーキフルードのリザーバータンクを点検するとMIN(下限値)すれすれでした。   確かにブレーキフルードの量が減っていますので、当然漏れている可能性もあるのですが今回の原因はブレーキパッドとローターの摩耗が原因でした。 前輪のブレーキ写真ですがパッドとディスクローターの摩耗がかなり進んでおり限界でした。 ではなぜパッドとローターが ...

続きを見る

MINIクロスオーバー(R60)オイル・冷却水・ベルト周り不良

MINIクロスオーバー(R60)のご入庫 エンジンオイル交換でのご入庫でしたが、あまりにも急を要する整備が必要な為緊急入院となりました。 大きく分けて3種類の修理が必要です。 ①エンジンオイル漏れ ②エンジン冷却水漏れ ③ベルト回り   まずは下廻りを見てエンジンからのオイル漏れと冷却水漏れが酷いのがすぐにわかりました。 ①エンジンのオイル漏れはヘッドカバーからの漏れとオイルエレメントケースからの漏れが酷いです。 ヘッドカバーパッキンの交換 オイルエレメントケースからの漏れは排気のパイプに掛かる ...

続きを見る

FIAT500 ツインエア ウォーターポンプ交換

FIAT500 ツインエアのご入庫 車検でのご入庫ですが”最近リザーバタンクの冷却水が少し減る気がする”との事。 こちらの車両はツインエアと呼ばれる2気筒エンジンを搭載したモデルになります。 パッと点検した感じでは大きく漏れているところは見当たりません。 しかしこのエンジンのウォーターポンプは少し変わった構造で外からでは中々漏れがわからない構造になっています。   構造的にはエンジンのフロントカバー内部に取り付けられています。 もしウォーターポンプのシールが悪く漏れ出した場合のために穴があいてい ...

続きを見る

ホンダ モビリオ オルタネーター過充電

ホンダ モビリオスパイクのご入庫 ご自身で取り付けた電圧計が16Vを指すときがあり、その時はエンジンの調子もおかしいとの事。 これは危険な兆候ですのですぐに診させていただきます。 このようなメーターをご自身で取り付けていますが、電圧計の数値が高い時があるそうです。 社外のこのようなメーターは粗悪なものもあるので実際の発生電圧はサーキットテスターを使用して測ります。 エンジン回転を上げると電圧が16ボルト以上になりました! これはボルテージレギュレータが電圧制御できなくなってしまっている状態でこのまま使用す ...

続きを見る

アルファロメオ 159 2.2JTS セレスピード クラッチオーバーホール

アルファロメオ159 2.2JTSのご入庫 セレスピードシステムのクラッチエラーで走行不能になったとの事で積載搬送されました。 セレシステムのエラーの原因は、すでに他店で診断済みでクラッチオーバーホールが必要との事でしたが、当店でも再度故障コードを読み出してクラッチのストロークエラーを確認しましたのでオーバーホールを行うことになりました。 ミッションを取り外してクラッチを確認するとやはり溝が無くなりディスクのリベットが出始めていますので限界でした。   次にこのクラッチで重要で見逃してはいけない ...

続きを見る

プジョー 3008 ウォーターポンプ亀裂による冷却水漏れ

プジョー3008のご入庫 エンジンオイル交換をご依頼いただいたのですが、その際に冷却水漏れを発見しました。   このエンジンはプジョー・シトロエン・BMW(MINI)など多くの車種にも搭載されている1.6Lガソリンエンジンです。   漏れ箇所はウォーターポンプからで、ウォーターポンプを取り外してみるとポンプ本体に亀裂が出来てそこから漏れだしていました。 ハウジングは樹脂製ですのでこのようなことが起きたのでしょう、社外品のポンプはアルミ製です。   このエンジンのウォーターポン ...

続きを見る

トヨタ MR-S 触媒不良

トヨタ MR-Sのご入庫 中古で購入したばかりで車検が到来したが、修理箇所が多すぎて他店で高額修理代の提示があったため困りかねて当店にいらっしゃいました。 確かに複数個所で修理が必要な個所がありましたが、特にこの部分の修理は見逃せませんでした。 エキゾーストマニホールドとマフラーのつなぎ目から排気ガス漏れです。 排気漏れは当然、保安基準に不適合ですので車検は通りません、しかしそれよりもそこから臭う排気ガス臭が気になりました。 お客様には排気漏れの修理以前に触媒に何か不具合が起きている可能性があることをお知 ...

続きを見る

VW ゴルフ6 オイルセパレーターからオイル漏れ

VW ゴルフ6 車検でのご入庫 1.2LターボのCBZユニット搭載です。 点検をしてみるとエンジンからオイル漏れが酷いです。 原因はこちら これはオイルセパレーターという部品です。 エンジンブロックのブローバイガス(シリンダーから吹き抜けたガス)にはエンジンオイルもミスト状になってガスに混入しているため、このセパレーターでオイルだけを分けてオイルパンに戻す役目をします。 しかしこのセパレーターはブロックに液状ガスケットのシールで取り付けられているのですが、そのシールがダメになったことでオイルが漏れだしてし ...

続きを見る

ニッサン デイズ(B21W)プッシュスタートが効かない

ニッサン デイズ(B21W)のご入庫 ご用命はプッシュスタートを何回押してもエンジンが掛からず、掛かったとしても止める時にもなかなか止まらないとの事。 この車両はプッシュスタートボタンを押してエンジンを掛けます。   プッシュスタートタイプでの不具合症状を訴えられるので一番に多いのはリモコンの電池が寿命に達していることです。 電池が弱くなれば反応も悪くエンジンも掛かりづらいこともあります、電池が弱った場合での応急的な処置でキーをボタンに近づけて操作させる方法があります。 しかしこれでも掛かりませ ...

続きを見る

-故障修理・整備, フィアット

© 2021 増高自動車工業有限会社