営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フォルクスワーゲン

VW ゴルフⅤ R32 エアコン修理・回路フル洗浄

ゴルフⅤ R32のご入庫

ご用命はエアコンが効かないとの事。

入庫時ほとんど冷風は出ない状態でしたのでまずはガスが規定の量入っているか確認してみると・・・

やはり270gしか入っていません、これでは正常な状態ではないので規定のガス量525gに入れ直してみます。
※冷媒システムの点検では、冷えだけでなく圧力の判定をするのにガスの量が正規の量入っていることが基本となります。

しかし規定量がしっかり入っている状態でもエアコンの効きはよくありません。

ガスの圧力を見ても高圧も低圧もほぼ変わりません。

本来でしたら高圧側が上がり低圧側は下がるのが正常です。

コンプレッサーにかかる信号にも問題はありませんのでコンプレッサーの内部不良でうまく圧縮が出来ないことが原因と判断しました。

 

お客様にはコンプレッサーの交換が必要なことと、圧縮が抜けるような状態ですとコンプレッサー内部で焼き付く寸前になっていることが多く(特にこのころの車両に起きやすい)鉄粉などが多く排出している恐れがあることをご説明いたしました。

鉄粉の排出(焼き付き)がどれだけ恐ろしいことかは過去にご紹介したブログにも紹介させて頂きました。故障事例リンク

お客様には完全に回復を望む(コンプレッサーのみの交換では再発の恐れがあること)には上記ブログに紹介した方法が必要であることをご説明して作業着手にご同意いただきました。

 

しかし、私はこの方法がベストなのはわかっていましたが、金額的な負担があまりにも大きいため何とかエアコン回路の洗浄が出来ないであろうかと調べていたところ納得のいく方法でかつ作業負担を減らせるそのような機器を見つけることが出来ました。

エアコン回路自体に洗浄剤を流し込み洗浄する方法ですので配管の洗浄はもとより、室内にあるエバポレーターも取り外すことなく洗浄できるというのが最大のメリットです。

 

エアコンの回路はこのようになっています。

今回は、エンジンルーム側のコンプレッサー、コンデンサー(レシーバータンク一体)、エキスパンションバルブは交換しますが室内側のエバポレーターと配管は洗浄することにしました。


エバポレーターをまず単体で洗浄液を流すと排出したものからはこれだけの汚れが出てきました。

灰色になったものはオイルの色です、本来は薄いキツネ色なのでこのように黒ずんでいること自体危険な状態です。

エンジンルーム内の部品は交換しますので配管も洗浄したあとコンプレッサー以外の部品を組みサイクル全体に洗浄液を流して洗浄を行います。

 

最後に新品のコンプレッサーを組み真空引きのあと冷媒ガスを注入します。その際は保護性能を上げるためWAKO'Sパワーエアコンプラスも添加します
※左は同等の性能を持ったNUTEC NC-200

 

今回の作業方法でのメリットは、室内側の分解をしないで済んだことで金額的な負担を減らせたことと、作業による二次的な被害を防ぐことが出来ました。
※年数が経った車両は脱着だけでも壊れてしまう部品が増えます。

エアコンの冷媒回路の故障は想像以上にダメージが広範囲で大きく高額な修理になります。

その中で少しでも負担を少なくしてかつ再発を防ぐしっかりした方法はこのような機器と複雑な手順を必要とします。

構造上全ての不具合を回避することは難しいのですが、このような状態に至らないようにするためにもエアコンガス量の点検と添加剤による予防を行うことが出来うる手立てかと思います。

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

VW ゴルフ6 オイルセパレーターからオイル漏れ

VW ゴルフ6 車検でのご入庫 1.2LターボのCBZユニット搭載です。 点検をしてみるとエンジンからオイル漏れが酷いです。 原因はこちら これはオイルセパレーターという部品です。 エンジンブロックのブローバイガス(シリンダーから吹き抜けたガス)にはエンジンオイルもミスト状になってガスに混入しているため、このセパレーターでオイルだけを分けてオイルパンに戻す役目をします。 しかしこのセパレーターはブロックに液状ガスケットのシールで取り付けられているのですが、そのシールがダメになったことでオイルが漏れだしてし ...

続きを見る

ニッサン デイズ(B21W)プッシュスタートが効かない

ニッサン デイズ(B21W)のご入庫 ご用命はプッシュスタートを何回押してもエンジンが掛からず、掛かったとしても止める時にもなかなか止まらないとの事。 この車両はプッシュスタートボタンを押してエンジンを掛けます。   プッシュスタートタイプでの不具合症状を訴えられるので一番に多いのはリモコンの電池が寿命に達していることです。 電池が弱くなれば反応も悪くエンジンも掛かりづらいこともあります、電池が弱った場合での応急的な処置でキーをボタンに近づけて操作させる方法があります。 しかしこれでも掛かりませ ...

続きを見る

VW ゴルフ7 ウォーターポンプ漏れ

VW ゴルフ7 車検でのご入庫 車検整備の際、ウォーターポンプからの漏れを発見しました。 こちらは1200ccのCJZユニット搭載車両です。 ウォーターポンプはエンジンヘッドの後端に取り付けられカムシャフト後端でベルト駆動されています。   カムシャフトを駆動源にしてコグドベルトを介してウォーターポンププーリーを回しています。   外してみるとかなり前から漏れだしていたのがうかがえます。 ウォーターポンプとサーモスタットユニットが一体になっていますが半分は樹脂製でこちらからの漏れも心配な作りです ...

続きを見る

ダイハツ コペン(L880K)クラッチジャダー

ダイハツ コペン(L880K)のご入庫 ご用命はクラッチジャダーが気になるのでクラッチオーバーホールのご依頼です。 この車両はエンジンが4気筒なのでミッションのスペースが狭く脱着は少しやりずらいです。 クラッチディスクはまだ残っていますがクラッチジャダーの解消が目的なのでもちろん交換です。 クラッチカバーのプレッシャプレートはまだらになっているので均一に当たっていなかったのがわかります。   フライホイールを平面研磨して平らにしたうえで組み付けます。   フォーク部分も綺麗に給油してベ ...

続きを見る

FIAT500 ブレーキパッドセンサーを過信しないで

FIAT500 1.2のご入庫 スタッドレスタイヤに履き替えの際、ブレーキパッドがほとんどない事がわかりましたので部品を取り寄せ後日早急に入庫していただくことになりました。 再入庫した際にはすでにブレーキパッドは無くなり裏金とディスクローターが擦り始めていました。   ディスクローターも摩耗限度ですのでパッドと合わせて交換します。   こちらの車両にはパッドセンサーと呼ばれるセンサーがパッドに装着されているため基本的には残量が少なくなればメーターに警告灯が出るはずです。 しかし今回、裏 ...

続きを見る

アルファロメオ147 足回りから異音

アルファロメオ147のご入庫 足回りから異音がするので点検してほしいとの事。 走行中、ギャップを乗り越える際ギシギシ音が激しいのと同時にコトコト音も聞こえてきます。 リフトアップして点検を進めるとこのような状態になっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20201217_163443.mp4 アッパーアームのボールジョイントにガタが発生してコトコト音が発生していました。 ギシギシ音は定番のアッパーアーム付け根のブッシュ部分からの異音です。 ボールジョイントは内部 ...

続きを見る

FIAT クーペ 20Vターボ 中古購入後のフルメンテナンス 後編

フィアット クーペ2.0ターボ 前回ご紹介した、中古車購入後の整備の続きです。 次にクラッチオーバーホールを行います。 中古車を購入なさった場合、できればクラッチは新しいものに交換することをお勧めします。 クラッチは摩耗することで繋がる位置や重さが変わってきます、よく聞くのは”輸入車はクラッチペダルが重たいのがふつう”や”古い車(スポーツカー)はこんな感じですよ”などと購入時に言われ、摩耗しているにもかかわらずそのまま乗っているいる方が非常に多いことです。 どこがこの車の正常な位置や重さなのかを知るため為 ...

続きを見る

FIAT クーペ20V  中古購入後のフルメンテナンス 前編

FIATクーペ 2.0ターボのご入庫 他店で購入されたので安心して乗れるように一通りの点検や消耗品の交換などのメンテナンスを承りました。 こちらのお車、ネックとなるところはやはりタイミングベルトで国産車よりも短いスパンでの交換が求められるのですが、そもそも交換履歴がわからないことからリセットの意味も込めて交換することになりました。 5気筒エンジンを横置きにしているためクリアランスが無く交換できませんのでエンジンを下ろします。 エンジンを車載状態でもベルト交換は出来るらしいのですが、この状態になることでエン ...

続きを見る

ホンダ インサイト(ZE2)車検整備一式

ホンダ インサイト(ZE2)のご入庫 走行距離10万kmを超えて一通りのメンテナンスと車検整備を併せて承りました。 始めにエンジンルームから。 ご依頼のあったスパークプラグの交換を行うのですが、このエンジンは1気筒に2本のスパークプラグが装着されるツインスパークになりますが、奥側のプラグはワイパー下のカウルトップが邪魔してそのままの状態では交換できませんので取り外します。 カウルトップを外すとご覧の通り 横から見ると奥側のプラグの位置がわかります。 全数スパークプラグを交換します。 ご依頼のあったWAKO ...

続きを見る

FIAT PANDA (141)エンジンセミオーバーホール②

エンジンを分解することになったPANDA(141)リンク 前回に引き続きエンジン内部を分解していきます。   エンジンヘッドを外します。   ガスケットの状態がやはり悪く冷却水が漏れてきています。   分解の際、ヘッドボルトが錆で折れました(´;ω;`) 冷却水がボルトまわりを侵食して錆びさせていたのが原因です。   クランク側も真っ黒! クランクシャフトリアオイルシールからもオイルが漏れだしています。   次にヘッドはどうでしょう。 やはり汚れは酷いです ...

続きを見る

-故障修理・整備, フォルクスワーゲン

© 2021 増高自動車工業有限会社