営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フォルクスワーゲン

VW ゴルフ5 エアコンコンプレッサー焼き付きの恐怖

VW ゴルフ5 ヴァリアントのご入庫

ご用命は、エアコンが急に効かなくなったとの事

このモデルの年代で車種問わず多い不具合であり嫌な予感がする訴えです。

故障事例で何回かご紹介しているコンプレッサーの故障が突然起きるからです。故障事例リンク

点検しますとエアコンガスはしっかり入っています、ますます嫌な予感がします。

クランクプーリを回してベルトを動かすとエアコンコンプレッサーの中心のシャフトが回りません。

このコンプレッサーは可変容量タイプですのでプーリーとシャフトは元々一体ですのでプーリーだけ回るということはシャフトとプーリーの弱点部が破断していることを表します。

コンプレッサーが焼き付きシャフトが回らなくなった場合、この弱点部が破断することでプーリーはコンプレッサーと切り離され、空回りすることでベルト切れを防ぎ走行を続けることが出来るようになっています。
※エアコン以外のシステムを正常に作動させ走行不能になることを回避します。

 

問題はここからです、コンプレッサーが焼き付きを起こした場合、完治させるには高額な修理費用が掛かります。

 

エアコンの冷媒システムはこのようになっています。

エアコンガス(冷媒ガス)をコンプレッサーで圧縮して、圧縮ガスの膨張時の気化熱を利用して冷やし、冷やし終わったガスをまた圧縮してを繰り返すのです。

 

コンプレッサーが焼き付いたならば、”コンプレッサーを交換すれば治る”のではないか思われるかと思いますが、コンプレッサーを交換しただけでは一時的に治ったようになりますが、先ほど申した”完治させるには”と言った意味では不十分で再発の恐れがあるのです。

冷媒ガスは回路をぐるぐる回ります、その際ガスだけではなくコンプレッサーの潤滑のためのオイルも一緒に回っています。

コンプレッサーが焼き付きを起こした際は、焼き付いた時に発生した鉄粉が一緒にガスとオイルに交じり回路中にまき散らしてしまうのです!

いくら新しいコンプレッサーに交換したところで、回路に残った鉄粉はやがて通路を詰まらせたり、コンプレッサーに侵入して不具合を再発してしまいます。

 

ではどうすれ良いのでしょうか?  答えはこちらです。

エアコンシステム全体の交換です。

エバポレーターやコンデンサーは内部が複雑に入り組んでいるため内部洗浄は不可能ですし他の部品も洗浄は出来ませんので交換しかありません。

ホースも出来れば交換したいのですが予算の都合もありしつこく洗浄をして不純物(鉄粉)を除去します。

ここまでのことをしない限り、この不具合を完治させることは出来ないため高額な修理費用となり頭を痛めるのです。

 

実際車両からこれらの部品を取り出すにもエンジンルーム・室内共に大掛かりに分解をしなければならず工賃も膨らみます。

このような大がかりな修理になってしまうことはお分かりになられたかと思います。

 

そもそもなぜこのコンプレッサーは焼き付きを起こしたのでしょうか?また防ぐ手立てはなかったのか?ということになるのですが、このコンプレッサーは可変容量タイプと呼ばれるタイプでエアコンのON/OFFに関係なくエンジンと同じだけ回転させられるタイプになります。

内部の弁の開閉で圧縮量を調整してエアコンの効きを細かくコントロールすることが出来るため、性能的には従来のマグネットクラッチを使用した固定容量タイプに比べると優れているため、最近広まってきているタイプです。

ただコンプレッサー本体が常に回り続けていることが今回のような焼き付きに結びついていると思われます。

従来の固定容量タイプはエアコンOFF時はマグネットクラッチは切り離されコンプレッサー本体は回りません。

可変容量タイプはエアコンOFF時でも圧縮はしませんが本体は回され続けてしまいます。

内部は回り続ければいくら空回りとはいえオイルは劣化して潤滑性能も落ちてきてしまいますので最終的に焼き付きに結びついてしまいます。

エンジンオイルの様に定期的にオイル交換ができるものでもありませんので、劣化したままのオイルを使用し続ければこのような不具合が起きてしまうというわけです。

 

唯一、分解をしないでオイルの性能を回復もしくは向上させるのはケミカルメーカーで販売しているようなコンプレッサーオイル添加剤になると思います。

 

 

当店では、定期的にガス量調整を専用機で行い、その際にこのような添加剤を補充することをお勧めしています。

目的は、タイヤの空気の様に少しずつ減っていくエアコンガス量の再調整と、測定の際に一緒に出てくる劣化したコンプレッサーオイルを回収して添加剤を補充することです。

方法は、内部のガスを一旦機械に回収してガス量を測定して減ってる分を補足して規定のガス量を再注入します、その際ガスと一緒にコンプレッサーオイルもわずかに抜けますので補充を兼ねて添加剤を入れるのです。

 

システム的に脆弱ともいえるので、抜本的な解決策ではないともいえるのですが、このようなメンテナンス方法を用いることで少しでもコンプレッサーに負担を掛けないようにして長持ちさせるかが肝になると思います。

もちろんどのタイプのコンプレッサーにも有効なメンテナンスと言えます。

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

アルファロメオ GT 直噴インジェクター不良

アルファロメオ GTのご入庫   エンジン不調でのご入庫 このエンジンは2.0LのJTSと呼ばれる直噴エンジンユニットになります。 他店でミスファイヤーの指摘を受けたが、原因が点火系ではないので大きな修理が必要だとの診断を受けたそうです。 当店でも診断機を使用して故障コードを読み出してみても、前出の診断通り1番シリンダーのミスファイヤー(失火)を検出しました。 ミスファイヤーの検出はエンジントルクの変動で読み取るのですが1番シリンダーが何かしらの理由でうまく爆発していないことになります。 &nb ...

続きを見る

ニッサン キャラバン (E25) 前輪ハブベアリング ガタ

ニッサン キャラバン(E25)のご入庫 車検でのご入庫ですが、前輪のハブベアリングにガタが発生しています。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20201111_133317.mp4 動画ではガタをお伝えするのは難しいのですが、ホイールを横方向に力を加えるとカタカタするのが、本来はこのような力を加えてもガタは出ません。 ハブベアリングとはタイヤの中心部のハブというところのベアリングで、ここを軸にしてタイヤが回る非常に重要な部分になります。 点検の際はこのベアリングにガタや異 ...

続きを見る

AUDI A4(B8)車検整備

AUDI A4 アバント(B8)車検整備でのご入庫 車検でのお預かりですが、”ブレーキフルードレベルの警告灯が付いたり消えたりする”事があることが気になるそうです。 ブレーキフルードのリザーバータンクを点検するとMIN(下限値)すれすれでした。   確かにブレーキフルードの量が減っていますので、当然漏れている可能性もあるのですが今回の原因はブレーキパッドとローターの摩耗が原因でした。 前輪のブレーキ写真ですがパッドとディスクローターの摩耗がかなり進んでおり限界でした。 ではなぜパッドとローターが ...

続きを見る

MINIクロスオーバー(R60)オイル・冷却水・ベルト周り不良

MINIクロスオーバー(R60)のご入庫 エンジンオイル交換でのご入庫でしたが、あまりにも急を要する整備が必要な為緊急入院となりました。 大きく分けて3種類の修理が必要です。 ①エンジンオイル漏れ ②エンジン冷却水漏れ ③ベルト回り   まずは下廻りを見てエンジンからのオイル漏れと冷却水漏れが酷いのがすぐにわかりました。 ①エンジンのオイル漏れはヘッドカバーからの漏れとオイルエレメントケースからの漏れが酷いです。 ヘッドカバーパッキンの交換 オイルエレメントケースからの漏れは排気のパイプに掛かる ...

続きを見る

FIAT500 ツインエア ウォーターポンプ交換

FIAT500 ツインエアのご入庫 車検でのご入庫ですが”最近リザーバタンクの冷却水が少し減る気がする”との事。 こちらの車両はツインエアと呼ばれる2気筒エンジンを搭載したモデルになります。 パッと点検した感じでは大きく漏れているところは見当たりません。 しかしこのエンジンのウォーターポンプは少し変わった構造で外からでは中々漏れがわからない構造になっています。   構造的にはエンジンのフロントカバー内部に取り付けられています。 もしウォーターポンプのシールが悪く漏れ出した場合のために穴があいてい ...

続きを見る

ホンダ モビリオ オルタネーター過充電

ホンダ モビリオスパイクのご入庫 ご自身で取り付けた電圧計が16Vを指すときがあり、その時はエンジンの調子もおかしいとの事。 これは危険な兆候ですのですぐに診させていただきます。 このようなメーターをご自身で取り付けていますが、電圧計の数値が高い時があるそうです。 社外のこのようなメーターは粗悪なものもあるので実際の発生電圧はサーキットテスターを使用して測ります。 エンジン回転を上げると電圧が16ボルト以上になりました! これはボルテージレギュレータが電圧制御できなくなってしまっている状態でこのまま使用す ...

続きを見る

アルファロメオ 159 2.2JTS セレスピード クラッチオーバーホール

アルファロメオ159 2.2JTSのご入庫 セレスピードシステムのクラッチエラーで走行不能になったとの事で積載搬送されました。 セレシステムのエラーの原因は、すでに他店で診断済みでクラッチオーバーホールが必要との事でしたが、当店でも再度故障コードを読み出してクラッチのストロークエラーを確認しましたのでオーバーホールを行うことになりました。 ミッションを取り外してクラッチを確認するとやはり溝が無くなりディスクのリベットが出始めていますので限界でした。   次にこのクラッチで重要で見逃してはいけない ...

続きを見る

プジョー 3008 ウォーターポンプ亀裂による冷却水漏れ

プジョー3008のご入庫 エンジンオイル交換をご依頼いただいたのですが、その際に冷却水漏れを発見しました。   このエンジンはプジョー・シトロエン・BMW(MINI)など多くの車種にも搭載されている1.6Lガソリンエンジンです。   漏れ箇所はウォーターポンプからで、ウォーターポンプを取り外してみるとポンプ本体に亀裂が出来てそこから漏れだしていました。 ハウジングは樹脂製ですのでこのようなことが起きたのでしょう、社外品のポンプはアルミ製です。   このエンジンのウォーターポン ...

続きを見る

トヨタ MR-S 触媒不良

トヨタ MR-Sのご入庫 中古で購入したばかりで車検が到来したが、修理箇所が多すぎて他店で高額修理代の提示があったため困りかねて当店にいらっしゃいました。 確かに複数個所で修理が必要な個所がありましたが、特にこの部分の修理は見逃せませんでした。 エキゾーストマニホールドとマフラーのつなぎ目から排気ガス漏れです。 排気漏れは当然、保安基準に不適合ですので車検は通りません、しかしそれよりもそこから臭う排気ガス臭が気になりました。 お客様には排気漏れの修理以前に触媒に何か不具合が起きている可能性があることをお知 ...

続きを見る

VW ゴルフ6 オイルセパレーターからオイル漏れ

VW ゴルフ6 車検でのご入庫 1.2LターボのCBZユニット搭載です。 点検をしてみるとエンジンからオイル漏れが酷いです。 原因はこちら これはオイルセパレーターという部品です。 エンジンブロックのブローバイガス(シリンダーから吹き抜けたガス)にはエンジンオイルもミスト状になってガスに混入しているため、このセパレーターでオイルだけを分けてオイルパンに戻す役目をします。 しかしこのセパレーターはブロックに液状ガスケットのシールで取り付けられているのですが、そのシールがダメになったことでオイルが漏れだしてし ...

続きを見る

-故障修理・整備, フォルクスワーゲン

© 2021 増高自動車工業有限会社