営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

鈑金修理の末に・・・

走行中、突然エンジンルームから煙が立ち上ったとの事でご入庫

煙が出た後からエアコンが効かなくなってしまったそうです。

 

原因はこちら

この細いパイプは、エアコンの冷媒ガスが流れるものですがエンジンと干渉して、振動により擦れて摩耗した結果穴があいてエアコン高圧ガスが噴き出て煙のようになったのです。

通常このパイプがエンジンと干渉することはありません、お客様にお話を聞くと数か月前に大きな鈑金修理を行ったとの事。


そうです、これは事故を起こした際に曲がって干渉した部分をしっかり直していなかった結果です。

 

エアコン配管を新しいものに交換しました。

そして、エアコンガスが完全に抜けてしまった場合に交換をしなければいけない部分があるため そちらも交換します。

これはコンデンサーという部品でエアコンガスの熱を捨てる役目をしていますがそのわきに筒状のものが見えます。

これはレシーバードライヤーと言われる部分で、液化したガスを安定させたりエアコンガス内に入っている湿気や不純物をキャッチする役目をしています。

フタは細かいメッシュフィルターになっています。

フタを外してこの袋状のものを交換します。

黒ずんでいるのは冷媒とともに回っている不純物で、コンプレッサーから出た摩耗粉などです。

袋の中には乾燥剤が入っています。

エアコンガスが完全に抜けてしまった場合、冷媒回路内には大気が入り込みます。

その大気には湿気が含まれますのでドライヤーの乾燥剤に湿気が吸着して、飽和状態になり本来の役目を果たさないばかりか湿気のタンクのような役目になってしまいます。

回路内に湿気があると、凍結して詰まらせたりして不具合を引き起こします。

そのため、エアコンガスが完全に抜けて大気にさらされた場合は、同時交換が必要となります。

パイプを交換して干渉部分が無いことを確認してエアコンの回路は正常に直すことが出来ました。

 

しかし、どれだけの事故を起こしたかはわかりませんが、エアコンパイプが干渉していたのは問題ですし、実はコンデンサーやラジエーターも曲がったままでしたので、いつガスや冷却水が漏れても不思議のない状態です。

 

通常このようにカバーで隠れていて見えませんが・・・

カバーを外してみると!

 

鈑金修理は、自費で行うか保険を使用するかなどで修理費に差や制限が出ますので、一概にすべてをちゃんと直せるともいえないのですが、走行に支障をきたす部分を残した修理ではダメです。

もしかしたら、”走れるようになればいいから最低限の費用で直してほしい”と言った依頼だったのかもしれませんが、数か月しか保てなかったり今後も不安を残して走るような状況(お客様は知らない)ではいけません。

 

当店は整備・修理業ですので鈑金塗装修理に関しては提携している工場に依頼します。

鈑金修理作業に関しては依頼しますが、どのように修理を進めるかなどを決めるのは依頼主である当店(お客様から依頼を直接受けている)になります。

途中の工程ももちろんチェックしますし、修理代に制限があったとしても走行に支障が出ないように優先順位を決めて修理を進めたり、お客さんの意向をくんだ指示を行います。

今回の事例のようなことが起きないようにするためには、鈑金屋さんとの連携は非常に重要なものとなります。

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ランドローバー フリーランダー 整備不良の末

ランドローバー フリーランダーのご入庫 冷却水が漏れているので診てもらいたいとの事でご来店。 漏れ箇所はエンジン前側付近であることはすぐにわかりましたのでウォーターポンプあたりが怪しいとお客様にお伝えしました。 ※ある程度分解を進めないと特定できないためおおよそで説明しました。 すると、半年ほど前にタイミングベルトは他店にて交換済で同時にウォーターポンプも交換しているとの事。 では、ウォーターポンプである可能性は低いので何か周辺部から漏れているのでは?というお話をさせていただきました。 ところが、よくよく ...

続きを見る

ニッサン NV350 ブロアモーターヒューズたびたび切れる?

ニッサン NV350のご入庫 エアコン風量を最大にしているとヒューズが飛んでしまうとの事 実際にヒューズを確認すると15Aヒューズが切れてしまっていました。 ユーザーも何回か交換しているようです。 マニュアルエアコンで最大風量時はブロアレジスターは通らず直結状態になるのでブロアモーターコイルのレアショートが考えられますのでモーター交換を行いました。 モーター交換後新しいヒューズを入れて最大風量にして1分ほど経つとヒューズが切れてしまいました。 まだ、治っていないようです(-_-;)汗 ただヒューズの切れ方 ...

続きを見る

FIAT デュカト(250)デュアロジック+ミッションオイル交換

FIAT デュカト(250)のご入庫 ご用命は、デュアロジックフルードとトランスミッションオイルの交換です。 正規では輸入されていないこちらのお車、欧州では商用車として様々に利用されているのですが、日本へはキャンピングカーのベース車両として使用されていることが多いようです。 FF駆動の2.3Lディーゼルエンジン搭載車両です。   デュアロジックはFIAT500にも使用されているものと基本的な構造は同じAMTと呼ばれる6速ミッションとなっています。   デュアロジックはマニュアルトランス ...

続きを見る

フォード マスタング エアコン風が最大でしか出ない。

フォード マスタングのご入庫 ご用命は、エアコンの風が最大でしか出なくなってしまったとの事。 こちらのお車はマニュアルエアコンで送風量はダイヤル4段階で調整します。 1・2・3のダイヤルでは確かに風は全く出ませんが4にすると最大風量で吹き出します。 ブロアが回るということはモーターは正常と判断できますので他に原因があります。 マニュアルエアコンの場合、ブロアモーターに掛かる電気の調整はブロアレジスター(抵抗)を通した電気量で調整することがほとんどです。 こちらのお車にもブロアレジスターがありました。 よく ...

続きを見る

3月の日曜日営業日について

3月の日曜日営業日は15日として1.8.22.29日及び20日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

VW ザ・ビートル ウォーターポンプから液漏れ?

VW ザ・ビートル 車検でのご入庫です。 点検を行うとエンジン前方に何か液が垂れた跡がありました。 液が漏れだしたところをたどるとウォーターポンプからでした。 ウォーターポンプから漏れだしているのであれば定番の冷却水漏れです! ウォーターポンプの交換を行うことになりました。 しかし、ウォーターポンプを取り外していくとその漏れ出していたものが冷却水でないことに気が付きました。 真っ黒なオイル状のものでした。   ウォーターポンプを取り外してその構造を確認してようやく何が漏れ出してきているのか理解す ...

続きを見る

ダイハツ コペン(L800)クラッチが重くて切れない

ダイハツ コペン(L800)のご入庫 ご用命はクラッチペダルが重くなってクラッチが切れないとのこと。 ご入庫時、異常なほどクラッチペダルが重くうまく操作が出来ない状態でした。 車齢13年・走行距離9万Km代です、クラッチオーバーホールはもとよりワイヤーの交換が必要なことは間違いありません。 トランスミッションを下ろしてクラッチの状態を見てみます。 クラッチディスク自体は溝が深くまだまだ使えそうです。   では何がここまでペダルを重くしたのでしょう。 原因のひとつはこちら、レリーズベアリングの摺動 ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)早期発見は大切です

メルセデスベンツE350(W211)のご入庫 別作業で御入庫の際不具合を発見いたしました。 まずは左前輪のドライブシャフトのブーツが切れてグリスが飛び散っています。   この車両は4マチックと呼ばれる4輪駆動の為、前輪にもドライブシャフトがあります。 ブーツが切れると水などの異物がジョイントに入り痛めてしまうので見つけた際はすぐに分解して新しいグリスを封入し直してブーツを交換しなければいけません。 グリスは水と混ざり白濁していましたので、放っておけばジョイント自体を壊してしまうところでした。 & ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)エアコンの風が出ない

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 ご用命はエアコンの風が出なくなったとの事。 オートエアコンですが、風量調整をコントロールしても風は出てきません、後席エアコンは正常に風がでます。 セレナ(C25)もだいぶ年数が経ちこのような不具合が増えてきております。 これは送風するブロアモーターの不具合が非常に多いです。 今回もブロアモーターをコンコンと叩くと弱弱しくブロアモーターが回ることが確認できましたので、駆動させる電源に問題はないのでモーター不良は間違いありません。 取り外したモーターは叩かないと回らない状態 ...

続きを見る

アルファロメオMITO タイミングベルト交換

アルファロメオMITOのご入庫 タイミングベルト交換のご依頼を受けました。 走行距離は1万km代でしたが年数が7年ほど経過していたので不安なので交換してほしいとのご要望でした。 この車両のエンジンはジュリエッタでも搭載されている1400ccのマルチエアと呼ばれるユニットです。 タイミングベルト交換自体は非常にオーソドックスなものですが、やはりSSTが必要なことには違いがありません。 カムシャフトは後端部分で位置を合わせて固定します。 クランクシャフトも同様にSSTで固定して交換をします。 交換した部品はこ ...

続きを見る

-故障修理・整備

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.