栃木県宇都宮市の整備工場
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

ご注意

ブログ内の整備・修理等各記事の作業内容や作業方法のご質問にはお答えできません。 また、作業料金についても車両を当社まで入庫いただき、実際に見させていただいてからのお見積りとなります。 概算の金額についても電話やメールではお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

故障修理・整備

点火系統の不具合

エンジンがブルブル震えて加速もしないという症状でよく登場するのが点火系統の故障です。

ガソリンエンジンの場合、適切なタイミングで火花を飛ばすことでガソリンに着火させて爆発する仕組みになっています。

従来のディストリビューターやポイントを使っていた時代の点火システムは割愛させて頂き、現代車で使用されているダイレクトイグニッションシステムの不具合をご案内します。

ダイレクトイグニッションとはスパークプラグ1本に対してコイルが対をなしているシステムで、主にスパークプラグに直接取りつけられているものを言います。
※一部車両を除き大多数はこのシステムを採用しています。

形はこのようで中にはコイルが入っていて電圧を昇圧してその高電圧をスパークプラグに送ることでプラグギャップを電気が飛び越える際に発生する火花を点火に利用するのです。

 

こちらのお車、ブルブルエンジンがして加速しないとの事でご入庫。

 

3気筒エンジンですが、1気筒作動していないようです。

イグニッションアナライザー(イグニッション2次電圧を簡易的に測定することが出来るテスター)を使用して、2次電圧を測定してみると・・・

それぞれのシリンダーの平均電圧を測定してみて、3気筒エンジンで左から1番シリンダーと順になっているのですが1番シリンダーがずば抜けて電圧が高いのがわかります。
※平均電圧は横のグリーン線

50kv(5万ボルト)を超えているのでありえない状態です。

次にそれぞれの電圧波形を見てみるとやはり1番シリンダーは大きく跳ね上がっているのがわかります。

 

どのようななことが起きているのでしょうか?

始めにスパークプラグはギャップと呼ばれる隙間を高電圧の電気が飛び越える際発生する火花を利用すると説明しましたがこの隙間は当然、設計された規定の広さです。

ギャップは0.8から1.1mmが主流ですが、正常な場合ここを飛び越えさせるため必要な電気は2万ボルト前後で十分です。

右の波形が1.5万ボルトで正常な状態です。

しかし、左の波形のように5万ボルトを超えているということは電圧自体は高すぎますが、コイル自体の昇圧は行われているということになります。

では昇圧しているのになぜこれではだめなのでしょう?

 

答えはこちら

エンジンが掛かっている状態でイグニッションコイルを浮かしてみると何やら火花が見えると思いますが、本来はこのようにわきで火花が見えるわけないのです。

それはイグニッションコイルの絶縁が破壊されたための漏電している火花が見えているのです。

ヒビが見えますがこの筒は絶縁を保つ構造なのですがこのヒビから電気が外に漏れてしまっていたのです。

漏電によりプラグのギャップよりもっと大きな隙間を飛び越えていたためイグニッションコイルは昇圧してしまいあれだけの電圧となってしまった訳です。

当然漏れてしまっているのでスパークプラグでは火花は出ませんので不調が発生して当然です。

 

問題は、このコイルが単純に寿命で絶縁が壊れたものなのか、故障を招き寄せる何か要因が他にあったかということです。

当然機械ですのでいつかは絶縁が破られたりコイルが壊れてしまうということはあり得るのですが、実は壊してしまっているということも大いにあるのです。

その原因がスパークプラグの摩耗なのです。

右側は故障プラグですが、一番上の部分が尖がっているのがお分かりになるかと思います。

元々は左の新品のように角がしっかりあったのですが、火花が角めがけて飛んでいるうちに摩耗して丸まりギャップが広がったため飛び越えさせる電気が大きくなったことにより、その高電圧に絶縁が耐えられなくなったことで壊れて電気が漏れ出したのです。

 

今回はイグニッションコイルを交換すれば不調は収まります、しかし摩耗したスパークプラグを使い続ければ2次電圧は上がりいずれはまた絶縁を破壊しますので同時にスパークプラグも交換しました。
新品と摩耗したスパークプラグでどれだけ電圧に違いがあるか測定した結果 リンク

イグニッションコイルの寿命を全うさせるにはスパークプラグの性能維持が重要だということです。

 

ロングライフプラグと呼ばれるプラグの寿命は走行距離10万kmと言われていますがこれはあくまでも目安であり、エンジン回転を高く保つ運転や負荷が大きい運転が多い場合は当然もっと短いサイクルでの交換が必要になります。

特に軽自動車はエンジン回転も高めで負荷も大きいのでロングライフプラグとはいえ寿命は5万kmほどですので注意が必要です。

栃木県宇都宮市の整備工場月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン デイズルークス(ML21S)エアコン重複故障

ニッサン デイズルークス(ML21S)のご入庫 エアコンが温風しか出ないとの事 エアコンの冷房が効かない云々よりも温風しか出ませんので、エアコンコントロールがヒーター側で固定されているようです。 オートエアコンで自己診断機能がありますので操作パネルを操作して読み出すとパネルに20.3という数字が出ました。 この数字は故障コードのことで20.3はエアミックスアクチュエーターの故障コードを表しています。 エアミックスアクチュエーターとはエアコンユニット内部の温かい所と冷たい所に風を振り分けるフラップをコントロ ...

続きを見る

ルノー メガーヌⅢRS 冷房が効くときと効かない時がある

ルノー メガーヌⅢRSのご入庫 エアコン(冷房)が効くときと効かない時があるとの事。 ご来店時は効いているとの事で確かに冷たい風は出ていました。 しかし冷媒ガスのメンテナンスは行った記憶が無いとの事でしたのでまずはガス量が適正なのかを確認するために冷媒ガスのメンテナンスを行うことにします。 冷媒ガスを車両から専用機に抜き出して測量すると規定値510gに対して320gしか回収できませんでしたので190gほど減っている状態でした。 これは漏れているというよりもゴムホースやジョイント部分からわずかに大気に放出し ...

続きを見る

ホンダ アコード(CF3) エンジンオイル漏れ

ホンダ アコード(CF3)のご入庫 エンジンオイルが地面まで垂れているとの事。 漏れ箇所はエンジン後端部でオイル漏れをたどるとそこにはディストリビュータがありました。 この部品はカムシャフトで駆動するため中に回転するシャフトがありますが、シールが悪くなりエンジンオイルがシャフトを伝わり漏れ出していました。 デスビキャップ内側にもオイルが飛び散って掛かっています。   まだこの部品自体リビルトの供給がありましたのでリビルトアッセンブリーで交換します。 ディストリビューターの役割は複数シリンダーを持 ...

続きを見る

フォード エコスポーツ 冷却水もれ 

フォード  エコスポーツ 冷却水が漏れてしまっているためロードサービスで搬送されました。 漏れ箇所は一目瞭然で冷却水リザーブタンクへの戻り側パイプ取付部の割れです。 戻り側ですのでどんどんここから冷却水が漏れて無くなっていきます。 樹脂製のパイプが割れてしまっています。 ユーザーはビニールテープで何とか付けようとしたようですがタンクまで圧力が掛かるためテープ位で漏れを止めることはできません。  タンクにも細かなクラックが発生しているため同時に交換します。 現代車はこのように水回りに樹脂部品を使うことが普通 ...

続きを見る

ダイハツ  ロッキー(F300S)ステアリングアイドラアームのガタ

ダイハツ ロッキー(F300S)のご入庫 初代ロッキーで平成6年式になります。 エンジンオイル交換の際に重大な不具合を発見しました。 ステアリングアイドラアームのボールジョイントが外れ掛かっています。 揺するとボールジョイントはガタガタになっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20221119_113630.mp4 アイドラアームの支点部分のブッシュにもガタが発生していました。 ステアリングの操作を伝える重要な部品でもし外れた場合はハンドル操作が出来なくなる重 ...

続きを見る

ゴールデンウィーク期間の休業日のお知らせ

    ゴールデンウィーク期間は4月28日(日曜日)から5月6日(月曜日)は休業させて頂きます。  

続きを見る

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気噴射装置故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 以前、2次空気ポンプの故障修理を行った(リンク)こちらの車両、修理から半年後再度同様のチェックランプが点灯したとのご連絡。   診断機を使用して故障コードを読み出します。 以前検出した空気ポンプやドライバーとは違う2次空気圧力センサーのエラーを検出しました。 2次空気噴射装置は前回交換した空気ポンプで圧送された空気をエキゾーストマニホールドに送り込むのですがV型6気筒のこのエンジンではエキゾーストマニホールドが左右バンクで別れるためそれぞれのバン ...

続きを見る

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気ポンプ故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 エンジンチェックランプが複数点灯したが特に走っていて症状は感じないとのこと 診断機を使用して故障コードを読み出すと2次空気ポンプに関連するエラーを検出しています。 2次空気システムとはエンジン始動時に排気管に外気(酸素)を送り込むことにより排気ガス中の未燃焼ガスを完全燃焼させる事と、同時に燃焼により触媒の温度も上げることで触媒の効率を素早く上げることを目的にした排気ガス浄化装置になります。 この車両の場合2次エアポンプと呼ばれるベーンモーターが車両右前に装 ...

続きを見る

VW up! EPCランプ点灯

VW up!のご入庫 メーター内にEPCというランプが点灯して加速が悪くなったとの事 EPCとはエレクトリックパワーコントロールの略で複数のシステムをまたいで不具合を警告するのですが、今回はこれ以外にエンジンチェックランプも点灯したようなのでエンジンに関連する不具合が発生した模様です。 診断機を使用して故障コードを読み出します。 スロットルバルブとミスファイヤ関連の故障コードを検出しました。 スロットルバルブは内部センサーの一つが検出できなくなっていたため内部不良と判断して交換します。   電子制御式のス ...

続きを見る

クライスラー イプシロン(312)ツインエアー加速中息つき

クライスラー イプシロン(312)のご入庫 ゆっくり加速しているときは問題ないが、少し強めに加速をすると息つきのようにガクガクするとのこと。 こちらのエンジンはフィアットのツインエアと呼ばれる2気筒ターボエンジンなります。   アクセル開度を少なめな低負荷時には何も違和感は感じませんが少し強く踏み込んで負荷を上げるとエンジンがクシュンクシュンと息継ぎのような症状が起き加速不良で車体もガクガクします。 その時にエンジンチェックランプも点灯します。 診断機で故障コードを読み出すとイグニッション(火花 ...

続きを見る

-故障修理・整備

© 2024 増高自動車工業有限会社