営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フィアット

FIAT500 1.4 エンジン バルブクラッシュ

FIAT500 (チンクチェント)のご入庫

ご用命は、エンジンチェックランプ点灯とエンジンがブルブルして力が無いとの事

こちらは、FIAT500でも1400ccツインカムエンジンを搭載したモデルです。

 

入庫時、明らかに1気筒死んでいるようなエンジン回転でしたので、故障コードを読み出してみるとやはり3番シリンダーのミスファイヤーを検出しました。

3番シリンダーが失火しているということです、ありがちな故障としてイグニッションコイルの不良が考えられましたのでコイルを他のシリンダーのものと入れ替えてみましたが、3番シリンダーの失火は変わりません、スパークプラグも同じように入れ替えても変わりません。

ミスファイヤーの検出はエンジン回転のトルクのムラを読み取って判定します。

どのシリンダーにトルクのムラがある(うまく爆発していない)で失火と判断するため、爆発が上手くいっていない=失火(ミスファイヤー)となるのです。

点火系統ではなさそうなので嫌な予感がします・・・

 

エンジンが正常に回るためには、良い火花・良い混合気・良い圧縮の3要素が必要です。

良い火花 : コイル・スパークプラグ入れ替えても変化なし、しっかり火花も出ている。
良い混合気: 他のシリンダーが正常に回っているし、燃料を噴射するインジェクターも作動音がしますし、燃焼室がガソリンで濡れているので噴射はしてそう。

上記2点はおおよそ正常そうです、残るは圧縮です。

圧縮は、コンプレッションゲージと呼ばれるもので圧縮圧力を測定していくのですが、何と3番シリンダーの圧縮が全然ありません!!

3要素のうち圧縮が無いことが原因のようですが、圧縮が無くなるような状態はエンジン内部に問題があるためおおごとです。

 

お客様と相談して時間と費用からエンジンを中古品と交換することになりました。

エンジンを交換して不具合は解消しましたが何が原因だったのか検証しなければなりません。

 

降ろしたエンジンの内部がこちら、シリンダーヘッドの燃焼室です。

3番シリンダーのインテークバルブの傘が割れています、これでは圧縮が抜けてエンジンは正常に回ることが出来ません。

インテークバルブを外してみるとご覧のとおり

 

では何が原因でこのようになったのか?ということです。

バルブが破損するということで考えられるのはピストンとの干渉です。

ピストントップのバルブリセス(バルブが当たらないようにする逃げ)になんとなく触れた感じはありますがこれが原因だというほどの強い当たりが無く何とも言えません。

バルブとピストンがぶつからないようにタイミングをとるのはその名の通りタイミングベルトですが分解前にタイミングを点検しましたがバルブタイミングにも狂いはありませんでした。

 

他に考えられることはエンジンが過剰に高回転になるとバルブスプリングがバルブを抑え切れずサージングを起こしバルブが暴れてピストンと干渉するということもあるのですが、いくら高速道路を走行中とはいえデュアロジック搭載車両でオーバーレブするとも考えられません。

他に考えられることでは異物が混入してバルブに噛みこむ? 一体何が入る?

もしかしたら単純に部品の破損?

など、故障原因についてはハテナとしか言いようがありません。

考えれば考えるほどわからない事象でしたが、こんなことが起きたということです。

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

WAKO'S EX-CRUISE SPECIAL モデルチェンジによる価格改定のお知らせ

  WAKO'S EX-クルーズスペシャル 5w-40 当店でも大変人気のこちらのエンジンオイルですが、新規格取得に伴うモデルチェンジを行います。 規格としてはAPI SP及びILSAC  GF-6規格を取得したオイルに代わります。 ではこの新規格は一体どのようなものになるのかといいますと ①LSPI対応(ロースピードプレイグニッション:低速早期着火) ②タイミングチェーン対磨耗対応 この2点が主なものになります。 LSPIはあまり聞きなれないものかもしれませんが近年の直噴ターボエンジン(ダウン ...

続きを見る

ルノー カングーⅡ 車検整備一式

ルノー カングーⅡ 車検でのご入庫 走行距離が伸びているこちらのお車、ご用命として段差を乗り越えた時のコトコト音が大きいとの依頼を受けました。 テスト走行で車両前方の方からのコトコト音のひどさを確認しました。 点検したところフロントスタビライザーバーのマウントゴムに遊びが出来たことでバーとマウントが叩く異音でした。 スタビライザーバーとは左右輪をつなぐことでロールを抑える役目をするのですが、今回はバーを支えるマウントにガタが出ました。 右側の新品と比べるとかなり内径が大きくなっているのがわかるかと思います ...

続きを見る

VW トゥーラン(1T)マグネットクラッチ付きウォーターポンプ故障

VW トゥーラン(1T)のご入庫 ご用命はエンジンからガラガラ異音がするとの事。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200825_101914.mp4   点検すると定番のマグネットクラッチ付きウォーターポンプからの異音です。 スーパーチャージャーとターボチャージャーのツインチャージャー搭載のCAVユニット。 壊れるのが当然のような故障率の高さのウォーターポンプからのガラガラ音です。 マグネットクラッチのON/OFFでスーパーチャージャーをコントロールするのですが実際 ...

続きを見る

スズキ ソリオ(MA15S) エアコンが効かない

スズキ ソリオのご入庫 エアコンが効かないとのご依頼。 まずはどのように効かないのか問診をしますと、エアコンの冷え具合は 効くときはすごく冷えるが効かない時は全く冷えないとの事。 他店で”日射センサーが悪い”との指摘を受けたそうですがよくわからなかったそうです。 日射センサー? お客様に他店で診断機を接続していたのが工場内でなかったか確認するとやはり工場内で診断していたとの事。 日射センサーはダッシュボード上にあり日射の当たり具合でオートエアコンの補正をするものでこれが壊れて全く効かなくなることは考えられ ...

続きを見る

9月休業のお知らせ

9月20.21.22日は休業いたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

BMW323i (E90) 豪雨にはご注意を

BMW323i(E90)のご入庫 ”信号で停車したらエンジンも止まってそれっきり動かなくなってしまった”とのことで緊急出動いたしました。 信号の先頭でエンジンが掛からず停まっているため大渋滞です、それまでは普通に走れていたそうです。 当日は台風が直撃している最中で豪雨の中でのロードサービスになりました。   工場に搬送して点検を進めます。 クランキングは勢いよく回り正常ですがエンジンは掛かりません。 診断機を繋ぎますが何かおかしいです!エンジンをコントロールするコンピューターのDMEユニットにア ...

続きを見る

VW ゴルフ7 エアコンブロアモーター故障

VW ゴルフ7のご入庫 エアコンが効かないとの事でご入庫。 効かない状況を問診すると室内の送風が出ないことがわかりました。 入庫時はどの風量にコントロールしても出ていませんでしたが、少し前までは出たりでなかったりを繰り返していたとの事でした。   助手席の足元にブロアファンモーターがありますがモーターに電気が掛かっているか点検しようとコネクタに触れたところファンモータが弱弱しく回り始めました。 しばらく回ってまた止まりました、モーターにかかる電気を確認したところ正常なことからモーター自体に不良が ...

続きを見る

ニッサン モコ(MG21)ロアアームボールジョイントのガタ

ニッサン モコ(MG21)のご入庫 車検でのご入庫ですが、段差を乗り越えた時にコトコト音がするとの事。 足回りを点検するとロアアームのボールジョイントのガタが酷いことになっています。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200827_085405.mp4 前輪の足回りはステアリングもあるため上下動だけでなく旋回もします。 このロアアームのボールジョイントは下部の旋回支点になる部分で、荷重が掛かる上に旋回もするためジョイント内部も摩耗しやすくガタが発生します。 この車種で ...

続きを見る

VW ゴルフ5 エンジン重複トラブル

VW ゴルフ5 ヴァリアント(1K)のご入庫 中古車を購入後、すぐにチェックランプが点灯したとの事 エンジンは1.4Lツインチャージャー(BLE)ユニット搭載車両です。   診断機を使用して故障コードを読み出します。 なにやら沢山検出しているようですが,インテークマニホールド系とブースト圧系の2種類の不具合に関係した物のようですので、一旦消去して走行テストを行います。   テスト走行後の検出はこちら 08801 ブーストブレッシャーコントロールバルブ 機械的故障 08213 インテーク ...

続きを見る

アルファロメオ147GTA クラッチオーバーホール

アルファロメオ147GTAのご入庫 147GTAは147に3.2L V型6気筒エンジンを搭載したホットモデルになります。 このV6エンジンは遡ること70年代に設計したエンジンをベースに進化したものですので現代のエンジンと比べて大型な為コンパクトな147にはかなり窮屈に収まっています。 クラッチオーバーホールのご依頼を受けました。 トランスミッションを降ろします。 外したクラッチ板は溝が無くなっており交換時期に達していました。   フライホイールも面が荒れていましたので平面研磨を行ったうえで組み付 ...

続きを見る

-故障修理・整備, フィアット

© 2020 増高自動車工業有限会社