ニッサン パスファインダーのご入庫

北米ニッサンの逆輸入車です、排気量3500ccでボディサイズもビックです。

以前、CVTのオイルパンを外してCVTフルードを交換したお車です、交換してから2.5万km走行したので再びCVTフルードの交換を承りました。

オイルパンを外してしっかり交換をしてから2.5万kmですので、今回はオイルパンを外さず圧送式フルードチェンジャーで交換することにしました。

チェンジャーをセットして10L圧送交換を行います。

右側のケース内のフルードがミッションから抜いているフルードで一番左が新油です。

 

最終的に真ん中が内部のフルードの状態です。初め真っ黒だった状態が透明な状態に入れ替わりました。

 

診断機でフルード温度を管理しながらオーバーフローでフルード量を調整します。

このレベル調整工程は、ATでもDCTでもとても重要な工程で抜いた分だけ入れればよいなどというものではありません。

フルードレベルの異常は、シフトフィーリングに現れ場合によっては壊してしまうのです。

日産車は、劣化度のリセットもありますので最後にリセットして終了です。

距離の伸びたお車は基本的にはオイルパンを外して清掃したのちにフルード交換をしてもらいたいですが、今回のように前回の交換からそれほど距離が伸びていない場合はしっかりしたフルード交換を行うことで不具合を回避することが出来ます。

圧送式で行うことで少ない量で精度よくフルードの入替を行うことが出来ます。

内部のフルードに濁りが多く残っているということはそれだけ不純物が浮遊していることですし、古いフルードは熱で劣化して性能も落ちています。

なるべく不純物や劣化したフルードを排出して、綺麗なせん断安定性の保たれた新しいフルードに入れ替えれるかが重要になります。