ヤマハ SR400のご入庫

ご用命は、”長期間乗らずにしていたらエンジンがかからなくなった” ”車検もとって乗れるようにしてもらいたい”とのこと

当然入庫時、エンジンもかかりませんし、バッテリーも空っぽです。

この車両は、5年以上放置していたようですがこのような車両を起こすのは非常に困難です。

 

長期放置された場合、ガソリンは蒸発して残ったものがベタベタな状態になってキャブレーターの精密な穴をふさいだり各部を固着させます。

キャブレーターを分解清掃して組み直して、残っているガソリンも酸化して使えませんので新しいものに入れ替えます。

 

エンジンオイルはフィルターと一緒に交換します。

 

エアクリーナーは劣化でボロボロですので新しいものに交換します。湿式ですのでオイルを吸わせます。

バッテリーも新しいものに交換します。

 

ブレーキフルードも交換です。

 

チェーンも清掃して給油します。

一連の整備を行いようやく走行できるようになりました。

オートバイでも自動車でも放置していると様々なところに不具合を発生させます。

エンジンは掛けるようにしているということはよく聞きますが、車両はエンジンだけではないのでブレーキや様々なところが傷みます。

中々、維持をするのも難しいことも有るかと思いますがなるべく乗ってあげるようにしてください。