営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ダイハツ

ダイハツ アトレー(S220G)オイルプレッシャーランプ点灯

ダイハツ アトレー(S220G)のご入庫

お電話で、”オイルのマークが点いたけど乗っていて大丈夫?”とのご連絡。

エンジンが掛かっているときにこのランプが付いた場合は即エンジンブローにつながってしまう重要な警告灯です。

絶対にエンジンを掛けないようにお客様には指示しました!

 

エンジンが心臓なら、オイルは血液だと思っていただければよいです。

エンジンが掛かっている間は、オイルポンプも回り常にオイルが循環しています。

オイルプレッシャーランプは、油圧が掛かっている=オイルが循環している をモニターする重要な役目なのです。

しかし、そこは機械ですのでランプを点灯させてしまう原因には様々な要因があります、主なものとしては以下のものです。

①エンジンオイルが足りない。
 エンジンオイルはオイルパンにあるオイルをオイルポンプがくみ上げて圧送します。オイルが少ないとくみ上げられなくなり圧送不良でランプを点滅させてしまいます。

②プレッシャセンサー自体の故障
 プレッシャセンサーも機械ですので内部故障でランプを点滅させてしまうことがあります。この場合は実際の油圧はあるためエンジン自体を壊してしまうような故障には至りません。しかし、本当に油圧があるのか診断する必要があり安易な判断は危険です。

③エンジン内部の汚れ
 オイルは血液と表現しましたが、当然血管もあります。オイルが汚れれば人と同じように血栓が出来て油路を詰まらせることがあります。当然詰まった先にオイルは供給されませんので焼き付きを起こします。

④ストレーナーの汚れ
 原因は③と同じで汚れです。オイルポンプはオイルをくみ上げる際大きな異物を吸い込まないように吸い込み口にストレーナーを取り付けています。汚れがストレーナーに付着して塞いでしまうとくみ上げることが出来なくなり油圧低下を招きます。

⑤オイルポンプ自体の故障
 オイルポンプの摩耗などで起こることがあります。

主に上記のような理由で点灯することが多いのですが、故障としては②の理由であることを願うことが多いのですが、プレッシャセンサー自体も汚れにより作動しないことが多いので②の場合でも①③④が絡んでくることが多いです。

 

自走しないようにお願いいたしましたので、積載車で引き取りに伺いました。

状況は、常に点灯しているわけでなくしばらく走ると点き始めるそうです。また、エンジンを止めて掛け直すとしばらくは点かないそうです。

エンジンオイル量を確認したところミニマムレベルを下回っていたため、オイル量が少ないのは確実でした。

応急的にオイルを継ぎ足しましたがやはりしばらくすると点灯し始めました。

①の理由は継ぎ足して適量オイルが入っているので消えました。

次に実際の油圧は掛かっているかを点検しなければなりません。

油圧計をエンジンブロックに取り付けます。

こちらのエンジンの油圧基準値は、1000rpm時 147kpa  4000rpm時343kpaの圧力が必要です。

1000rpm時(黒いメモリの1が100kpa)

4000rpm時

 

どちらも、油圧が正常ですし温度変化してもしっかり油圧が掛かっていましたので、実際の油圧は正常であることが確認出来ました。

故障原因は、オイルプレッシャースイッチで確定しました。

確かにプレッシャスイッチが悪いのは確定したのですがよく見てもらうとわかるように油圧を測る油路部分が汚れています。

オイルが汚れていればコレステロールのように汚れが堆積して場合によってはセンサー接触部をふさぐ可能性も在ります。

オイルフィラーキャップを開けてみても中が真っ黒です。

 

やはり、オイルメンテナンスの不備も考えることが出来るので、フラッシングを行いエンジンオイルとオイルエレメントの交換も行い、まめなオイル交換の重要性とオイルプレッシャーランプの役割をご説明いたしました。

オイルプレッシャスイッチは電気的な部品ですが直接油圧を測るためオイルと接触しています。

このようなトラブルが起きる車は、オイルメンテナンスが悪いことが多いです。

メーターには様々な警告灯がありますが、すぐに止めなければならない警告灯もありますのでご注意ください。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

FIAT パンダⅢ(312)恐怖!ダブルマスフライホイール破損

FIAT パンダⅢ(312)のご入庫 ご用命はデュアロジックのギアが抜けたり、振動も大きくなったとの事。 ツインエア搭載のこちらの車両、2気筒エンジンで元々エンジンの振動は大きめなのですが正常時には出ない大きな振動が起きています。 故障コードを読み出してみるとクラッチストロークエラーを読み出しています。 クラッチも正常に作動できていないのでクラッチオーバーホールをする必要があることをお話しして作業に取り掛かります。 ミッションを取り外しクラッチを観察すると何かおかしいです。 レリーズベアリングの当たった跡 ...

続きを見る

11月休業日のお知らせ

11月は1.2.3日(日.月.火曜日)及び22.23日(日.月曜日)は休業日とさせていただきます。 なお、第二日曜日 8日は営業いたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、休業日はお電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

FIAT500 オーバーヒートによる最悪な結末

FIAT500のご入庫 走行中エンジンが止まりそれから掛からなくなったとの事で搬送されてきました。 状況を伺うとどうやらオーバーヒートの症状もあった模様。 クランキングしてみますがまったく圧縮がない状態ですのでもしかしたらタイミングベルトが切れているのかと確認してみようとタイミングベルトカバーのボルトを緩めて外そうとしますがカバーが張り付いていて外れません。 何かカバーが接着されているようですので、誰かが密閉を良くしようなんて思って何か塗っているのかもしれません。 ようやく外してベルトを点検しますがどうや ...

続きを見る

ニッサン サファリ(Y60)エンジンマウント交換

ニッサン サファリ(Y60)のご入庫 以前紹介したエンストをしてしまうこちらのお車(整備内容ブログはこちら)、インジェクションポンプ修理と同時にエンジンマウントの交換のご依頼を受けました。 ディーラーでマウントが1ヵ所ダメになっているとのご指摘を受けたとの事でしたが、部分的にマウントを交換するよりは全部交換してしまったほうが良いことをお客様に伝えて全数交換することになりました。 ※全体で支えているものは部分的に交換すると残ったところにさらに負担が掛かるため 縦置きエンジンのこのお車エンジン左右とトランスミ ...

続きを見る

アルファロメオ スパイダー2.0(916)整備 後編

アルファロメオ スパイダー(916) 前編ではクラッチまわりの整備、中編ではタイミングベルト関係の整備をご案内しましたが、基本になる整備を終わらせいよいよエンジン不調の探求になります。 残っている不調として ・アイドリング回転の波打ち (ハンチング) ・エンジンのふけ上がりが悪い まずはアイドリング回転を点検します。 アイドリング回転が上がったり下がったり波打ったような感じで変化する不調です。 このエンジンに搭載されているスロットルバルブはアクセルワイヤーでコントロールするタイプ(アクセルペダルにワイヤー ...

続きを見る

アルファロメオ スパイダー2.0(916)整備 中編

アルファロメオ スパイダー(916)前編ではクラッチまわりの整備をご紹介しました。 今回はエンジン廻りの不調の整備を進めます。 不具合として ・エンジンからの異音 ・加速が悪い ・アイドリング時回転がハンチングのように波打つ この3点が不調の症状ですがまずはあまりにひどい異音の修理から始めます。 エンジンの異音はジーゼルエンジンの様にガラガラ常に騒がしい異音が出ているのですが音の出どころはバルブ付近(エンジン上部)です。 この2.0ツインスパークエンジンでこの付近からの異音がよく出るのはタイミングバリエー ...

続きを見る

アルファロメオ スパイダー2.0(916)整備 前編

アルファロメオ スパイダー2.0(916)のご入庫 ご用命は ①エンジンからの異音 ②加速が悪い ③アイドリング時回転がハンチングのように波打つ ④クラッチが重い ⑤オイル漏れ等etc 以前から他店で診てもらい様々な手を打っていたとの事ですが、本来のアルファロメオのツインスパークエンジンの性能がこんなものなのか(ふけ上がりの悪さや音など)と悩んで当店にご来店いただきました。 整備を着手する前にどのような整備メニューで進める必要があるのかよく考えなければなりません。 まず、乗ってみてすぐにわかるクラッチペダ ...

続きを見る

MINI クロスオーバー(R60) エンジンオイル漏れ

ミニ クロスオーバー(R60)のご入庫 駐車場の下にオイルの漏れた跡がすごいとの事で緊急入庫されました。 エンジンルーム内はもとより車両下側もエンジンオイルでべちゃべちゃです! あまりに漏れが酷く漏れ個所の特定が出来ませんので、高圧スチームで洗浄してから確認します。 アイドリングではあまり漏れてきませんが走行するとやはり漏れ出してきます。 エンジンマウントブラケットの裏であまりよく見えませんでしたが、ブラケットを外してみるとわかりました。 綺麗に洗浄したのにご覧の通り ここの部分はチェーンテンショナーガイ ...

続きを見る

WAKO'S EX-CRUISE SPECIAL モデルチェンジによる価格改定のお知らせ

  WAKO'S EX-クルーズスペシャル 5w-40 当店でも大変人気のこちらのエンジンオイルですが、新規格取得に伴うモデルチェンジを行います。 規格としてはAPI SP及びILSAC  GF-6規格を取得したオイルに代わります。 ではこの新規格は一体どのようなものになるのかといいますと ①LSPI対応(ロースピードプレイグニッション:低速早期着火) ②タイミングチェーン対磨耗対応 この2点が主なものになります。 LSPIはあまり聞きなれないものかもしれませんが近年の直噴ターボエンジン(ダウン ...

続きを見る

ルノー カングーⅡ 車検整備一式

ルノー カングーⅡ 車検でのご入庫 走行距離が伸びているこちらのお車、ご用命として段差を乗り越えた時のコトコト音が大きいとの依頼を受けました。 テスト走行で車両前方の方からのコトコト音のひどさを確認しました。 点検したところフロントスタビライザーバーのマウントゴムに遊びが出来たことでバーとマウントが叩く異音でした。 スタビライザーバーとは左右輪をつなぐことでロールを抑える役目をするのですが、今回はバーを支えるマウントにガタが出ました。 右側の新品と比べるとかなり内径が大きくなっているのがわかるかと思います ...

続きを見る

-故障修理・整備, ダイハツ

© 2020 増高自動車工業有限会社