営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ダイハツ

ダイハツ アトレー(S220G)オイルプレッシャーランプ点灯

ダイハツ アトレー(S220G)のご入庫

お電話で、”オイルのマークが点いたけど乗っていて大丈夫?”とのご連絡。

エンジンが掛かっているときにこのランプが付いた場合は即エンジンブローにつながってしまう重要な警告灯です。

絶対にエンジンを掛けないようにお客様には指示しました!

 

エンジンが心臓なら、オイルは血液だと思っていただければよいです。

エンジンが掛かっている間は、オイルポンプも回り常にオイルが循環しています。

オイルプレッシャーランプは、油圧が掛かっている=オイルが循環している をモニターする重要な役目なのです。

しかし、そこは機械ですのでランプを点灯させてしまう原因には様々な要因があります、主なものとしては以下のものです。

①エンジンオイルが足りない。
 エンジンオイルはオイルパンにあるオイルをオイルポンプがくみ上げて圧送します。オイルが少ないとくみ上げられなくなり圧送不良でランプを点滅させてしまいます。

②プレッシャセンサー自体の故障
 プレッシャセンサーも機械ですので内部故障でランプを点滅させてしまうことがあります。この場合は実際の油圧はあるためエンジン自体を壊してしまうような故障には至りません。しかし、本当に油圧があるのか診断する必要があり安易な判断は危険です。

③エンジン内部の汚れ
 オイルは血液と表現しましたが、当然血管もあります。オイルが汚れれば人と同じように血栓が出来て油路を詰まらせることがあります。当然詰まった先にオイルは供給されませんので焼き付きを起こします。

④ストレーナーの汚れ
 原因は③と同じで汚れです。オイルポンプはオイルをくみ上げる際大きな異物を吸い込まないように吸い込み口にストレーナーを取り付けています。汚れがストレーナーに付着して塞いでしまうとくみ上げることが出来なくなり油圧低下を招きます。

⑤オイルポンプ自体の故障
 オイルポンプの摩耗などで起こることがあります。

主に上記のような理由で点灯することが多いのですが、故障としては②の理由であることを願うことが多いのですが、プレッシャセンサー自体も汚れにより作動しないことが多いので②の場合でも①③④が絡んでくることが多いです。

 

自走しないようにお願いいたしましたので、積載車で引き取りに伺いました。

状況は、常に点灯しているわけでなくしばらく走ると点き始めるそうです。また、エンジンを止めて掛け直すとしばらくは点かないそうです。

エンジンオイル量を確認したところミニマムレベルを下回っていたため、オイル量が少ないのは確実でした。

応急的にオイルを継ぎ足しましたがやはりしばらくすると点灯し始めました。

①の理由は継ぎ足して適量オイルが入っているので消えました。

次に実際の油圧は掛かっているかを点検しなければなりません。

油圧計をエンジンブロックに取り付けます。

こちらのエンジンの油圧基準値は、1000rpm時 147kpa  4000rpm時343kpaの圧力が必要です。

1000rpm時(黒いメモリの1が100kpa)

4000rpm時

 

どちらも、油圧が正常ですし温度変化してもしっかり油圧が掛かっていましたので、実際の油圧は正常であることが確認出来ました。

故障原因は、オイルプレッシャースイッチで確定しました。

確かにプレッシャスイッチが悪いのは確定したのですがよく見てもらうとわかるように油圧を測る油路部分が汚れています。

オイルが汚れていればコレステロールのように汚れが堆積して場合によってはセンサー接触部をふさぐ可能性も在ります。

オイルフィラーキャップを開けてみても中が真っ黒です。

 

やはり、オイルメンテナンスの不備も考えることが出来るので、フラッシングを行いエンジンオイルとオイルエレメントの交換も行い、まめなオイル交換の重要性とオイルプレッシャーランプの役割をご説明いたしました。

オイルプレッシャスイッチは電気的な部品ですが直接油圧を測るためオイルと接触しています。

このようなトラブルが起きる車は、オイルメンテナンスが悪いことが多いです。

メーターには様々な警告灯がありますが、すぐに止めなければならない警告灯もありますのでご注意ください。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン フーガ(Y50)ATF交換

ニッサン フーガ(Y50)のご入庫 オートマチックトランスミッションフルード(ATF)交換のご依頼です。 こちらのお車走行距離は・・・ 約30万kmです! 距離は伸びていますが定期的にATFの交換は行っていたそうでオーナー自身でしっかり管理なさっています。 今回は、オイルパンは外さずに圧送式ATFチェンジャーでのフルード交換依頼です。 使用フルードは、WAKO'S セーフティスペック 低粘度タイプのハイスペックモデルです。 抜き出したフルードはご覧のように真っ黒です。 https://masutaka.c ...

続きを見る

BMW 318i (E46)ATF交換

BMW 318i (E46)のご入庫 定期的に行っているオートマチックトランスミッションフルード(ATF)のご依頼を受けました。 お客様、愛車のメンテナンスはしっかり行っていてATFも定期的に何回か行っております。 当店でも4万km台、9万km台と行ってきていますが今回は13万km台でのお取替えです。 始めの一回目はオイルパンを外して内部ストレーナーも交換しての交換、2回目はフルードのみの交換でした。 今回は前回フルードのみでしたのでオイルパンを開けて内部ストレーナーもあわせて交換を行います。 &nbsp ...

続きを見る

マツダ RX-8 加速時息継ぎ

マツダ RX-8のご入庫 ご用命は高速道路走行中に加速しようとした一瞬もたついて加速をしなかったとの事。 細かく問診をしていきます。 ・チェックランプ点灯なし(故障コード)の検出なし ・100km/hほどの速度で一定速で走っていたが前方車両を追い抜くため車線変更の際少しアクセルを踏み込んだ時に一瞬アクセルが反応しなかった。(アクセルを踏み込んでも加速しなかった) ・そのあとは怖かったので一定速で走り続けたが何も起きなかった。 ・初めて起こった症状で一般道では発生していない。 上記のような内容で、故障コード ...

続きを見る

MINI クーパー(R53)クラッチ滑り

MINIクーパーS(R53)のご入庫 クラッチがつながらず走行不能で緊急搬送されてきました。 クラッチペダルの節度はあるがつながりません、完全に滑っています。 クラッチオーバーホールを行うほかありません。 取り外したクラッチ板はご覧の通り 摩擦面は炭化して無くなって芯となる繊維のみが残ってパサパサになっています! 滑って高温になった結果です! これでは動力を伝えることは出来ませんので走れるわけありません。 新品はこのような物です。   クラッチはディスク・カバー・ベアリングの3点で交換します。 ...

続きを見る

ルノー カングー  ブレーキキャリパーオーバーホール

ルノー カングーのご入庫   各部点検している際、目を疑うほど摩耗に差が出ている部分を発見しました! これは右前輪のブレーキですが外側のブレーキパッドはほぼ残量が無い状態まで摩耗してしまっていました。 しかし、内側のパッドはまだまだ残っていますし、左前輪のキャリパーは内外共にまだまだパッドが均等に減っていて残っているような状態でした。 これはブレーキキャリパーの摺動不良により部分的に引きずりを起こしたことが原因です。 ブレーキキャリパーはゴム部品と金属部品の集合体でゴムのたわみやスムーズな金属の ...

続きを見る

FIAT 500 デュアロジックシステム クラッチ故障

FIAT500 1.4のご入庫 突然エンジンルームから煙が出たとの事でご連絡。 煙が水蒸気なのか他のものなのかは電話ではわかりませんでしたので、走行せずにロードサービスで搬送してもらうようにお願いしました。 入庫した際には、ガクガクして走行も出来なくなったとの事。 エンジンフードを開けると焦げ臭いにおいがトランスミッション周辺から立ち込めています。 これはクラッチに不具合起きたものと判断できます。   クラッチ交換が必要なことをお伝えして交換作業を開始します。 トランスミッションを下ろしてクラッ ...

続きを見る

トヨタ シエンタ(NCP81)ハンドルが重たい

トヨタ シエンタ(NCP81)のご入庫 メーターにハンドルのマークが点灯してハンドルが重くなって回せないとの事で緊急搬送されました。 点灯している警告灯はこちらで電子制御パワーステアリングの警告を表しています。 診断機を使用して故障コードを読み出してみます。 C1554 電源リレー異常を検出しました。 これはパワーステアリングモーターに供給する電源に異常があることを表しています。 データーモニターで数値を見てみるとモーター電源2に電圧が掛かっていません。   電源回路はこのようになっています。 ...

続きを見る

ダイハツ ムーブ(L175)購入後のメンテナンス事例

ダイハツ ムーブ(L175)のご入庫 ご用命は、中古で現状購入したので悪いところ直して車検をとってもらいたいとの事。 走行距離は9万km台で平成20年式11年経過しています。 お客様が気になったところは車体の振動が大きくて常にブルブルしていることだそうです。 確かにエンジンを掛けていると車体全体にエンジンの振動が伝わり不快な状態でした。 このような症状でまず疑うのはエンジンマウントです。  エンジン側マウント エンジン側のマウントを交換することでかなり振動は減少しましたが他にも2個マウントしていますのでそ ...

続きを見る

FIAT500 ヒーターホースからの冷却水漏れにご注意を

FIAT500のご入庫 エンジンオイル交換でご入庫のこちらのお車 気になる部分を発見しました! これはヒーターホースの途中にあるエアを抜くためにバルブです。 赤くなっているのは冷却水が漏れている跡です。   しかし、安易に触ってはいけません! プラスチックでできているこのバルブは劣化で簡単に折れてしまいます。 部品を取り寄せてから再入庫します。   取り外した部品はこちら       エア抜きバルブを緩めようとすると案の定折れました。   残念ながらこのような樹脂で ...

続きを見る

MINI クーパー(R53)クラッチ滑り

MINIクーパーS(R53)のご入庫 クラッチがつながらず走行不能で緊急搬送されてきました。 クラッチペダルの節度はあるがつながりません、完全に滑っています。 クラッチオーバーホールを行うほかありません。 クラッチ板はご覧の通り 摩擦面は滑りによる摩擦熱で炭化して無くなって芯となる繊維のみが残ってパサパサになっています! 滑って高温になった結果です! これでは動力を伝えることは出来ませんので走れるわけありません。 新品はこのような物です。 クラッチはディスク・カバー・ベアリングの3点で交換します。 クラッ ...

続きを見る

-故障修理・整備, ダイハツ

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2019 All Rights Reserved.