営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ダイハツ

ダイハツ アトレー(S220G)オイルプレッシャーランプ点灯

ダイハツ アトレー(S220G)のご入庫

お電話で、”オイルのマークが点いたけど乗っていて大丈夫?”とのご連絡。

エンジンが掛かっているときにこのランプが付いた場合は即エンジンブローにつながってしまう重要な警告灯です。

絶対にエンジンを掛けないようにお客様には指示しました!

 

エンジンが心臓なら、オイルは血液だと思っていただければよいです。

エンジンが掛かっている間は、オイルポンプも回り常にオイルが循環しています。

オイルプレッシャーランプは、油圧が掛かっている=オイルが循環している をモニターする重要な役目なのです。

しかし、そこは機械ですのでランプを点灯させてしまう原因には様々な要因があります、主なものとしては以下のものです。

①エンジンオイルが足りない。
 エンジンオイルはオイルパンにあるオイルをオイルポンプがくみ上げて圧送します。オイルが少ないとくみ上げられなくなり圧送不良でランプを点滅させてしまいます。

②プレッシャセンサー自体の故障
 プレッシャセンサーも機械ですので内部故障でランプを点滅させてしまうことがあります。この場合は実際の油圧はあるためエンジン自体を壊してしまうような故障には至りません。しかし、本当に油圧があるのか診断する必要があり安易な判断は危険です。

③エンジン内部の汚れ
 オイルは血液と表現しましたが、当然血管もあります。オイルが汚れれば人と同じように血栓が出来て油路を詰まらせることがあります。当然詰まった先にオイルは供給されませんので焼き付きを起こします。

④ストレーナーの汚れ
 原因は③と同じで汚れです。オイルポンプはオイルをくみ上げる際大きな異物を吸い込まないように吸い込み口にストレーナーを取り付けています。汚れがストレーナーに付着して塞いでしまうとくみ上げることが出来なくなり油圧低下を招きます。

⑤オイルポンプ自体の故障
 オイルポンプの摩耗などで起こることがあります。

主に上記のような理由で点灯することが多いのですが、故障としては②の理由であることを願うことが多いのですが、プレッシャセンサー自体も汚れにより作動しないことが多いので②の場合でも①③④が絡んでくることが多いです。

 

自走しないようにお願いいたしましたので、積載車で引き取りに伺いました。

状況は、常に点灯しているわけでなくしばらく走ると点き始めるそうです。また、エンジンを止めて掛け直すとしばらくは点かないそうです。

エンジンオイル量を確認したところミニマムレベルを下回っていたため、オイル量が少ないのは確実でした。

応急的にオイルを継ぎ足しましたがやはりしばらくすると点灯し始めました。

①の理由は継ぎ足して適量オイルが入っているので消えました。

次に実際の油圧は掛かっているかを点検しなければなりません。

油圧計をエンジンブロックに取り付けます。

こちらのエンジンの油圧基準値は、1000rpm時 147kpa  4000rpm時343kpaの圧力が必要です。

1000rpm時(黒いメモリの1が100kpa)

4000rpm時

 

どちらも、油圧が正常ですし温度変化してもしっかり油圧が掛かっていましたので、実際の油圧は正常であることが確認出来ました。

故障原因は、オイルプレッシャースイッチで確定しました。

確かにプレッシャスイッチが悪いのは確定したのですがよく見てもらうとわかるように油圧を測る油路部分が汚れています。

オイルが汚れていればコレステロールのように汚れが堆積して場合によってはセンサー接触部をふさぐ可能性も在ります。

オイルフィラーキャップを開けてみても中が真っ黒です。

 

やはり、オイルメンテナンスの不備も考えることが出来るので、フラッシングを行いエンジンオイルとオイルエレメントの交換も行い、まめなオイル交換の重要性とオイルプレッシャーランプの役割をご説明いたしました。

オイルプレッシャスイッチは電気的な部品ですが直接油圧を測るためオイルと接触しています。

このようなトラブルが起きる車は、オイルメンテナンスが悪いことが多いです。

メーターには様々な警告灯がありますが、すぐに止めなければならない警告灯もありますのでご注意ください。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

VW ゴルフ6 オイルセパレーターからオイル漏れ

VW ゴルフ6 車検でのご入庫 1.2LターボのCBZユニット搭載です。 点検をしてみるとエンジンからオイル漏れが酷いです。 原因はこちら これはオイルセパレーターという部品です。 エンジンブロックのブローバイガス(シリンダーから吹き抜けたガス)にはエンジンオイルもミスト状になってガスに混入しているため、このセパレーターでオイルだけを分けてオイルパンに戻す役目をします。 しかしこのセパレーターはブロックに液状ガスケットのシールで取り付けられているのですが、そのシールがダメになったことでオイルが漏れだしてし ...

続きを見る

ニッサン デイズ(B21W)プッシュスタートが効かない

ニッサン デイズ(B21W)のご入庫 ご用命はプッシュスタートを何回押してもエンジンが掛からず、掛かったとしても止める時にもなかなか止まらないとの事。 この車両はプッシュスタートボタンを押してエンジンを掛けます。   プッシュスタートタイプでの不具合症状を訴えられるので一番に多いのはリモコンの電池が寿命に達していることです。 電池が弱くなれば反応も悪くエンジンも掛かりづらいこともあります、電池が弱った場合での応急的な処置でキーをボタンに近づけて操作させる方法があります。 しかしこれでも掛かりませ ...

続きを見る

VW ゴルフ7 ウォーターポンプ漏れ

VW ゴルフ7 車検でのご入庫 車検整備の際、ウォーターポンプからの漏れを発見しました。 こちらは1200ccのCJZユニット搭載車両です。 ウォーターポンプはエンジンヘッドの後端に取り付けられカムシャフト後端でベルト駆動されています。   カムシャフトを駆動源にしてコグドベルトを介してウォーターポンププーリーを回しています。   外してみるとかなり前から漏れだしていたのがうかがえます。 ウォーターポンプとサーモスタットユニットが一体になっていますが半分は樹脂製でこちらからの漏れも心配な作りです ...

続きを見る

ダイハツ コペン(L880K)クラッチジャダー

ダイハツ コペン(L880K)のご入庫 ご用命はクラッチジャダーが気になるのでクラッチオーバーホールのご依頼です。 この車両はエンジンが4気筒なのでミッションのスペースが狭く脱着は少しやりずらいです。 クラッチディスクはまだ残っていますがクラッチジャダーの解消が目的なのでもちろん交換です。 クラッチカバーのプレッシャプレートはまだらになっているので均一に当たっていなかったのがわかります。   フライホイールを平面研磨して平らにしたうえで組み付けます。   フォーク部分も綺麗に給油してベ ...

続きを見る

FIAT500 ブレーキパッドセンサーを過信しないで

FIAT500 1.2のご入庫 スタッドレスタイヤに履き替えの際、ブレーキパッドがほとんどない事がわかりましたので部品を取り寄せ後日早急に入庫していただくことになりました。 再入庫した際にはすでにブレーキパッドは無くなり裏金とディスクローターが擦り始めていました。   ディスクローターも摩耗限度ですのでパッドと合わせて交換します。   こちらの車両にはパッドセンサーと呼ばれるセンサーがパッドに装着されているため基本的には残量が少なくなればメーターに警告灯が出るはずです。 しかし今回、裏 ...

続きを見る

アルファロメオ147 足回りから異音

アルファロメオ147のご入庫 足回りから異音がするので点検してほしいとの事。 走行中、ギャップを乗り越える際ギシギシ音が激しいのと同時にコトコト音も聞こえてきます。 リフトアップして点検を進めるとこのような状態になっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20201217_163443.mp4 アッパーアームのボールジョイントにガタが発生してコトコト音が発生していました。 ギシギシ音は定番のアッパーアーム付け根のブッシュ部分からの異音です。 ボールジョイントは内部 ...

続きを見る

FIAT クーペ 20Vターボ 中古購入後のフルメンテナンス 後編

フィアット クーペ2.0ターボ 前回ご紹介した、中古車購入後の整備の続きです。 次にクラッチオーバーホールを行います。 中古車を購入なさった場合、できればクラッチは新しいものに交換することをお勧めします。 クラッチは摩耗することで繋がる位置や重さが変わってきます、よく聞くのは”輸入車はクラッチペダルが重たいのがふつう”や”古い車(スポーツカー)はこんな感じですよ”などと購入時に言われ、摩耗しているにもかかわらずそのまま乗っているいる方が非常に多いことです。 どこがこの車の正常な位置や重さなのかを知るため為 ...

続きを見る

FIAT クーペ20V  中古購入後のフルメンテナンス 前編

FIATクーペ 2.0ターボのご入庫 他店で購入されたので安心して乗れるように一通りの点検や消耗品の交換などのメンテナンスを承りました。 こちらのお車、ネックとなるところはやはりタイミングベルトで国産車よりも短いスパンでの交換が求められるのですが、そもそも交換履歴がわからないことからリセットの意味も込めて交換することになりました。 5気筒エンジンを横置きにしているためクリアランスが無く交換できませんのでエンジンを下ろします。 エンジンを車載状態でもベルト交換は出来るらしいのですが、この状態になることでエン ...

続きを見る

ホンダ インサイト(ZE2)車検整備一式

ホンダ インサイト(ZE2)のご入庫 走行距離10万kmを超えて一通りのメンテナンスと車検整備を併せて承りました。 始めにエンジンルームから。 ご依頼のあったスパークプラグの交換を行うのですが、このエンジンは1気筒に2本のスパークプラグが装着されるツインスパークになりますが、奥側のプラグはワイパー下のカウルトップが邪魔してそのままの状態では交換できませんので取り外します。 カウルトップを外すとご覧の通り 横から見ると奥側のプラグの位置がわかります。 全数スパークプラグを交換します。 ご依頼のあったWAKO ...

続きを見る

FIAT PANDA (141)エンジンセミオーバーホール②

エンジンを分解することになったPANDA(141)リンク 前回に引き続きエンジン内部を分解していきます。   エンジンヘッドを外します。   ガスケットの状態がやはり悪く冷却水が漏れてきています。   分解の際、ヘッドボルトが錆で折れました(´;ω;`) 冷却水がボルトまわりを侵食して錆びさせていたのが原因です。   クランク側も真っ黒! クランクシャフトリアオイルシールからもオイルが漏れだしています。   次にヘッドはどうでしょう。 やはり汚れは酷いです ...

続きを見る

-故障修理・整備, ダイハツ

© 2021 増高自動車工業有限会社