営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 スズキ

スズキKei WORKSターボブロー

スズキKei WORKS(HN22S) ターボチャージャー不良でご入庫

CIMG1064

お客様からメンテナンス状況を確認したところ、車検からエンジンオイル交換をしていないとのこと。

入庫時はエンジンオイルもゲージにつかない程減っており、明らかにターボの過給もされていない状態でした。

 

こちらがターボチャージャーです。

IMG_20160309_101516

 

中心の羽のようなものはターボチャージャーのタービン部分です。

すでに軸が折れて転がり落ちています。

IMG_20160309_101617

ターボチャージャーは、排気ガスの圧力を受けたタービンがシャフトを回して同軸上のコンプレッサーを回してエンジンに多くの空気を送り込むことで実質排気量が上がりパワーが出るような仕組みになっています。

このターボチャージャーの軸は何十万回転という高回転で回るため大変精密な構造で負荷もかかります、その精密な軸を潤滑して守っているのがエンジンオイルなのです。

エンジンオイルのメンテナンスを怠るとターボチャージャーの軸は焼き付きこのように壊れてしまいます。

Kei WORKSメーカーからのエンジンオイル交換サイクルの指定は、5000km(シビアコンディション2500km)毎になっています。

 

実はこのような壊れ方をした場合、ターボチャージャー交換よりも再発防止の洗浄などのほうが重要で大変な作業になってきます。

なぜならオイルメンテナンスを怠った状態で新品のターボチャージャーを取り付けても、油路内はどろどろのオイルで詰まっていたりオイルの流れが悪くすぐに焼き付いて壊してしまうからです。

 

作業の手順としては

①オイル経路の清掃(焼き付き原因になる部品の交換)

②ターボチャージャー交換

③潤滑保護・洗浄剤の添加(再発防止)

となります。

 

今回は、焼き付いた状態なので,即効性フラッシング材で内部を綺麗にしてからターボチャージャーを交換します。

もちろんターボにつながるパイプも新品に交換します。

今回はあまりにも汚れが酷かったため新しいオイルで2回交換しました。

交換後に、WAKO'S FV(フォアビークル)を添加します。o0800060013463221005

こちらは、潤滑性能をアップする目的はもとより、分散材が入っていますのでまだ残っている内部の汚れをゆっくり溶かして分散することも目的としています。

 

お客様には、次回エンジンオイル交換を3000km走行後を厳守するようにお話ししました。(まだ汚れが残っていることを考慮して早めの交換です。)

 

 

この不具合で見逃しがちな重要な部分はこの部品です。

IMG_20160309_101634

PCVバルブ(ポジティブ クランクケース ベンチレーション バルブ)と呼ばれるクランクケース内の圧力を適切に保つ部品です。

これが内部で固着するとクランクケース内の圧力が高くなり

ターボチャージャーからオイルが戻れなくなる=ターボチャージャーへオイルが流れない→ターボ焼き付き

清掃も大切ですがこの部品も見逃せません。

 

最近はダウンサイジングエンジンが主流になっていますが、このエンジンは排気量を落としてターボを付けることで効率を上げることを目的としています。

今後ターボチャージャーが付いているお車が増えてくると思います、最新のエンジンでもターボチャージャーの仕組みは変わっていません。オイルメンテナンスの重要性は自然吸気エンジンよりもシビアです。

当社ではメーカー指定のオイル交換サイクルは保証期間内を壊さず乗れる最低ラインだと思っています。

お車を”大切に永く乗りたい” ”初期の性能を維持したい”のでしたら交換は5000km走行毎がベストですし、ターボチャージャーなどの負荷が大きいお車はワンランク上のオイルをおすすめします

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

スバル アルシーネ2.7(AX-9)オイル・冷却水漏れ修理①

スバル アルシオーネ2.7(AX-9)のご入庫 ほぼお目にかからなくなった平成元年式アルシーネそれも水平対向6気筒を搭載したモデルとなります。 オーナー様から前々から様々な整備のご依頼を受けていたのですがこの車両に関する部品は、ほとんど製造廃止で入手困難な状態でした。 それでも部品を海外も含めて少しずつ集めている最中でとうとうウォーターポンプから冷却水が漏れ出してしまいました。 エンジンを掛けているとポタポタ垂れてくるレベルですので修理は”待ったなし”となりました。 こちらの車両、ウォーターポンプ交換を行 ...

続きを見る

メルセデスベンツ SLK230(R170) エンジンオイル漏れ

メルセデスベンツ SLK230(R170)のご入庫   エンジンオイル漏れ修理のご依頼です。   エンジンを点検すると前面にかなりオイルが垂れた跡が見受けられます。 この部品はカムシャフトアジャスターマグネットと呼ばれる部品で電磁石でカムシャフトのスプールを動かし油路を切り替えカム位置を位相させる部品です。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20210330_174052.mp4   この部品はコネクター部からエンジンオイルが漏れ配線を伝わってはるか遠 ...

続きを見る

シボレー S10ピックアップ ブレーキ修理

シボレー S10ピックアップのご入庫 中古を購入していろいろと問題があったこちらの車両、特に重要なブレーキ周りを見ていきます。 フロントのブレーキパッドの残量がないので交換が必要なのことと、やたら当たりが悪く偏摩耗してしまっているブレーキディスクを交換します。 何かが噛みこんだのか、大きな溝が出来てしまっています。   パッドの残量もほとんどありませんでした。   リヤはドラムブレーキですがどう見てもメンテナンスしていない様子ですのでホイールシリンダーは交換することにしました。 &nb ...

続きを見る

BMW528iツーリング(F11) ATF交換

BMW528iツーリング(F11)のご入庫 ご用命は”オイルパンを外してでのオートマチックトランスミッションフルード(ATF)交換です。 オイルパンを取り外します。 こちらの車両、走行距離2万km台ですが鉄粉はご覧の通り。 使用フルードはWAKO'S プレミアムスペック                                                          お客様はメンテナンスの一環でフルード交換をご依頼していただきましたが、このように内部の状態を見て頂くとやはりやった ...

続きを見る

FIAT デュカト(250)車検整備

FIATデュカト(250)車検整備でのご入庫   160マルチジェット ディーゼルエンジン搭載車両です。 冷却水量が減少していてエンジンルームの下を覗くと冷却水漏れが酷いです。 ラジエーターホースのつなぎ目からのようです。   ホースを交換します。   水回りの整備のついでにサーモスタットと水温センサーも交換  予防整備で冷却水リザーブタンクも交換   次にご用命のデュアロジックのアキュムレーターの交換   トランスミッションのギアオイルも交換しました、ドレンプラグ ...

続きを見る

ゴールデンウィーク期間の営業案内

ゴールデンウィーク期間は4月29日から5月5日は休業させて頂きます。 新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。  

続きを見る

ニッサン スカイライン(V36)車検整備

ニッサン スカイライン(V36)のご入庫 車検のご依頼です。 エンジンルームを見てみるとずいぶんと汚い・・・ エンジンルームをパッと見た感じでなんとなくわかります。   まずはエアエレメント 左右バンクそれぞれに1ヶづつありますが、真っ黒でほぼ詰まっています。   ホコリでよく見えませんでしたがこのエンジンの定番エアインテークホースにもヒビが出ています。 故障事例 リンク 次にバッテリーを測定してみます。 やはり計測結果はNG 要交換です。   下廻りは後輪のブレーキパッドの ...

続きを見る

FIAT500S マニュアル クラッチ交換

FIAT500S ツインエアのご入庫 クラッチ交換のご依頼を受けました。 日本で販売されているFIAT500でマニュアルトランスミッションは比較的珍しいです。 クラッチペダルが重くミートポイントも定まらくなってきているのでクラッチオーバーホールを行うことになりました。 トランスミッションを取り外してクラッチカバーの状態を診てみます。 クラッチディスクが減るとクラッチカバーのスプリングが起き上がってきます。 真横から見るとスプリング先端が飛び出ているのがわかります。   どれくらいクラッチディスク ...

続きを見る

BMW Z4(E89)高圧燃料ポンプ不良

BMW Z4(E89)のご入庫 ご用命は、突然チェックランプ点灯とエンストしてしまったとの事。 故障コードを診断機で読み出します。 どうも燃料圧力に関した故障コードを検出しています。 症状としてはエンジンは掛かる時は何事もなかったかの様に掛かりますが、調子が悪いとエンストしたり掛からなかったりします。 燃料圧力の高圧側をモニターすると、エンジン不調になった時は燃圧が急激に低下しています。   さらに不安定に低下していくとエンジンは止まってしまいました。 直噴エンジンで高圧側の燃圧不良が原因のよう ...

続きを見る

メンテナンスは基本が大切です。

WAKO'S RECS(ワコーズ レックス)の施工依頼でご入庫。 RECSはエンジン吸気系統を洗浄することで本来の性能を取り戻すメンテナンスの一環です。 当店では施工のご依頼を受ける際は”なぜRECSを施工したいのか?” と目的をお伺いします。 なぜそのようなことを尋ねるのかと言いますと、お客様がRECS施工に何を求めているかを知るためです。 このRECSはインターネットなどで多くの情報が行き交い、まるで不具合が治るとか性能がすごく上がるなど魔法の施工のような扱いをされているのを時折見受けます。 お客様が ...

続きを見る

-故障修理・整備, スズキ

© 2021 増高自動車工業有限会社