BMW320i(E90)にお乗りのお客様”何か焦げ臭いにおいがする”とのこと。

IMG_20151205_162428

点検してみますと、エンジンからオイル漏れが多数しています。

まずは、エンジン前側のセンサー類  かなり漏れていますね。

IMG_20151205_162843

お次はエンジンの後ろ側

IMG_20151127_123826

写真ではわかりずらいですがオイルの滴があるのがわかりますか?

そのちょうど真下に排気マフラーがあります。

漏れたエンジンオイルがマフラーにかかって焦げ臭いにおいが出ていました。

単に焦げ臭いなどと思わないでください!! ひどい場合 車両火災につながる重大な不具合です。

早急に漏れを止めなければなりません!

IMG_20151205_192607

VANOSと呼ばれるシステムをコントロールしているバルブです。

右の丸いゴム(Oリング)が新品です。新品の時はゴムですので柔軟性があり隙間を埋めてオイル漏れしないようになっていますが、左のように劣化してくるとゴムの柔軟性が失われプラスチックのように硬くなり割れてしまいます。

これでは、オイルを止めることはできません。

IMG_20151205_192626

カム角センサー  こちらもOリングで密封しています。

お次は、

IMG_20151205_200650

バキュームポンプと呼ばれる負圧を作り出すポンプです。

今回マフラーにオイルを垂らしていた張本人です。

分解したところです。やはりゴムのパッキンを使い密封しているのですがこちらも硬くなっています。

IMG_20151205_231326

こちらはオイルエレメントケースとオイルクーラーです。

こちらもゴムパッキンでつながっています。

IMG_20151205_231621

このパッキンもパキパキになっています。

 

エンジンのさまざまな部分でオイル漏れが発生していましたが原因がみんな同じなのがおわかりですか?

そうです!!ゴム関係の劣化が原因です。

ゴムは必ず時間とともに劣化して硬くなりパッキンの役割を果たせなくなりオイル漏れを引き起こします。

それはある年数を過ぎてしまえば必ず起こることで避けることはできないのですが、少しでも劣化を防ぎよい状態を保つ方法はあります。

それは、こまめなオイル交換です!!

エンジンオイルは劣化を防ぐ為に、汚れを取り込んだり酸化を防止したりする成分が含まれています、その成分のなかにゴム類の劣化を防ぐ成分も含まれています。

の成分も、長期間オイル交換を行わないと効果は無くなってきます。

私の経験上、走行5000km以下で定期的に交換をしていたエンジンではゴム類が原因のオイル漏れは少ないです。エンジン内部を見ても金属の地肌がきれいに出てよい状態が保てていることがほとんどです。

しかし1万km以上の交換サイクルのお車はオイル漏れのトラブルも大変多く、エンジン内部は茶色に汚れ、ヘドロ状の汚れが溜まっていてさまざまなトラブルを抱えていることが多いです。

メーカー指定で交換サイクルが1万km以上のことがほとんどですが、その交換サイクルでは”メーカー保障期間内に致命的な不具合を起さない”という意味ではよいと思いますが、初期のよい状態をずっと保つという意味では長すぎると思います。

私は、輸入車や多走行車では3000km毎 通常では5000km毎の交換サイクルをお勧めしています。

少し短いんじゃないの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、必ずよい状態は保てます。 

ただお財布の負担が増えてしまいますので、当店ではオイル交換は大変リーズナブルに提供させていただいています。

ぜひ交換サイクルを見直し、愛車を初期のよい状態を保ちかわいがってあげてくださいね。