こんにちは増高自動車 菅野です。

スズキ ワゴンRプラス 路上でストップしてしまい緊急出動です。

走行中、ワイパーの動きが遅くなってすぐにエンジンも止まり掛けなおそうとしてもスターターが回らないそうです。

どうやら、バッテリーがなさそうなので充電系統の不具合が考えられます。

早速、工場に搬送して点検します。


やはり、バッテリ-は空になっていました。

つづいて、バッテリーに電気を充電するための発電機(オルターネーター)の点検を進めます。

こちらも、まったく発電をしていませんでした。

原因は発電機(オルタネーター)が発電しなくなったためバッテリーも空になり、車自体の電気がまったくなくなりエンジンも止まってしまったというものでした。

 
こちらがオルタネータです。エンジンで回されることで発電します。
交換いたしました。

通常、走行中(エンジンが回っている時)発電不良がおきたときはメーター内のバッテリーマーク(四角に+ -)が点灯して故障を知らせます。

 


走行中(エンジンが回っているとき)はオルタネータにより発電した電気で車両の電気装置(コンピュータなど)を動かしています。

更に、バッテリーもある一定以下の電気の量になったとき発電機により充電され次にエンジンを掛ける時に必要な電気を蓄えます。

よく、メーターのバッテリーマークをバッテリーの良否判断で点くと思っていらっしゃる方がいますが、赤いランプの点灯は充電系統の故障を知らせるもので即点検が必要です。

単にバッテリーを新しいものに替えたところで、発電装置が正常でなければすぐにバッテリーは空になってしまいます。

当店ではもちろん、バッテリーの交換時は同時に充電系統の点検も行い充電系統全般が正常か診ていますので安心してお任せください。

宇都宮周辺で、国産・輸入車問わず、お車のことなら
お気軽にお問い合わせください。