営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

ミッションオイル交換の必要性?

 こんにちは増高自動車です。

本日は、車検でご入庫のトヨタ ウィッシュのご入庫です。
S様ありがとう御座います。

走行距離12万kmに達していますのでよく診させていただきます。

車検整備を行い安全に走行できるようにいたしました。

その中で、CVTオイルの交換を提案させていただきました。

ミッションオイルの交換には賛否両論いろいろな意見があります。

たとえば・・・

・オイルは無交換で大丈夫。
・オイル交換するとミッションが壊れる。
・定期的に交換しないといけない。
・距離が伸びた車は交換してはいけない。

このように、さまざまな意見が世間に飛び交っています。
まるで、都市伝説ですね。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:  

しかし、私の経験上、ミッションオイル交換はするべきです。

ATにしろCVTにしろ大変な動力伝達をミッションフルードに負担を持たせ動作しています。
オイルにもミッション自体にも当然傷みが発生いたします。

汚れを取り除き、新しいオイルで性能を取り戻すことは大変重要なことです。

それにオイル交換したら壊れてしまうのなら、ミッションのオイル漏れ修理をしたらそれだけでミッションは壊れてしまいますね。(^∇^)

しかし、壊れてしまうという意見にも一理あります。

私は、壊れてしまった経験がありませんせんが、壊れる理屈はわかります。
ミッション内部では大きな動力伝達をするために、金属同士が磨り減って金属粉が発生します、この金属粉が誤ったミッションオイル交換により舞い上がりミッション内部での動作不良(壊れる)を起すと考えられます。

では、どうしたらよいのでしょう?

答えは、理屈を理解したうえで正しい交換方法で行えばよいのです

金属粉が舞い上がりそれが原因で壊れるのであれば、少しでも金属粉を取り除き舞い上がらせなければよいのです。

よくミッションオイル交換に使われるオイルチェンジャーは単に
古いオイルを吸い取る→新しいオイルを注入する。 
を繰り返しながらオイル交換をします。

この方法は、機械任せで施工するので、メカニックにとっては大変楽な方法なのですが、肝心な底に溜まった金属粉などは取り除くことは出来ません。
かえって、古いオイルと新しいオイルが攪拌することで、金属粉を舞い上がらせて結果ミッションに不具合を発生させてしまうんです!!!

私は、単にチェンジャーでの機械任せのオイル交換はせずに、ミッションのオイルパンを取り外し、底にたまった金属粉をしっかり取り除いた上でオイルを交換してまいりました。

私は今までオイル交換によるミッション不具合は一度も経験しておりません。

今回のウィッシュも新車時から12万km走行の間 一度もオイル交換をしていませんでした。
IMG_20150807_132844
オイルパンには磁石が付いていて、金属粉を吸着しているのですが、
このようにビッチリ!! 砂鉄のようにくっついていてオイルパン全体も真っ黒です。

このCVTは、オイルレベルゲージがありませんので、チェンジャーでの交換は元々出来ませんが、仮にチェンジャーでの交換を行っていたら、不具合が発生してしまったかもしれません。

このようにしっかり清掃して金属粉を取り除きます。

ミッションにフィルターが付いていればもちろん交換です。

ミッションオイルの状態によってはフラッシングを実施してミッションに残ったオイルも少しでもきれいにします。

このように、理屈をしっかり理解したうえで、多少手間のかかるやり方ですが、しっかり施工することで、”ミッションが壊れた!”なんてことは回避できます。

もちろん、交換前には
・診断機を使いミッションに不具合が隠れていないか。
・走行テストで、変速等に違和感がないか。
など、確認したうえでの施工することは当然です。
(そもそもミッションが壊れていれば、オイル交換のせいではないですよね。)

当店では、ミッションオイル交換もこのように手間を惜しまず行っています。

ミッションオイル大丈夫かな?なんてお悩みなあなた、ぜひご相談下さい。

 

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

アルファロメオ155 V6 ステアリングラック交換

アルファロメオ 155 V6のご入庫 車検整備のご依頼ですが、ステアリングラックが破けているのとフルードが漏れ出しているため保安基準に不適合で修理が必要です。   点検するとステアリングラックブーツが破けてそこからパワステフルードが漏れだしていました。 ブーツが破けていることは当然ダメなのですが、そこからパワステフルードが漏れ出しているのはさらに問題です。 ラックブーツは外部かの異物侵入を防ぐためのもので、ブーツの内側はドライな状態が保たれているのが正常な状態です。 ブーツの内側にフルードがあるということ ...

続きを見る

ジャガー Sタイプ エアコン冷えない

ジャガー Sタイプのご入庫 エアコンが効かずディーラーで冷媒ガスの調整を行ったがよくならなかったとの事。 ディーラーでは他に原因があるが修理代はいくらかかるかわからないと言われ恐ろしくなり当店にご来店になりました。 点検を始めます。 確かに吹き出し口の温度はぬるく冷房は効いているように感じません。 しかしディーラーで冷媒ガスの調整をしているので,冷媒回路のガス量に問題はないと思われます。 実際エンジンルーム内の冷媒配管はしっかり冷たくなっていますので冷媒システムはひとまず正常と判断します。 次に欧州車でよ ...

続きを見る

FIAT ムルティプラ クラッチ切れない

FIAT ムルティプラのご入庫 走行中、クラッチペダルが奥に行ったまま戻ってこないとの事。 クラッチが切れず走行不能なのでロードサービスで搬送入庫いたしました。 入庫してエンジンルーム下側に液体の垂れた跡が見られました。 クラッチは油圧で操作しているのですがその油圧フルードが漏れているようです。   漏れ箇所を調べると見つかりました。 これはクラッチの油圧を伝えるパイプとホースが一体になったものです。 ゴムのホース部分が裂けてしまっています。 経年劣化によるゴムの劣化が油圧に耐えられなくなって裂 ...

続きを見る

MINI カントリーマン(R60)オイル漏れによるエンジン異音

MINI カントリーマンの(R60)のご入庫 エンジンからキューという音がした時があるので調べてほしいとの事 点検してエンジン前側(ベルト側)に大量のオイル漏れがありベルトなどにも付着しているのを確認しました。 異音は確認できませんでしたが恐らくベルト関係の部品に多量にオイルが付着していることからベルトスリップにより発生したのではないかと判断しました。 それともう一つ、見逃せない不具合が起きているのを発見しました。 これはクランクプーリーですがゴムが膨潤してはみ出してちぎれてしまっています。 このゴムはダ ...

続きを見る

スバル サンバー(KT2)エンジンオイル漏れ修理

スバル サンバー(KT2)のご入庫   車検でのご入庫ですがエンジンからオイル漏れが酷い状態です。 550cc時代の2気筒エンジンです。 ポタポタ垂れるほどの漏れですので修理が必要です。 漏れ箇所はタイミングベルトカバーの内側からの漏れのようです。 タイミングベルト交換は他店で実施済みとの事ですが、どうやらベルトの奥のカムシャフトオイルシールからの漏れのようです。 タイミングベルトとスプロケットを取り外します。 オイルシールの硬化が進んでいて取り外す際もほとんど抵抗が無い状態でした。 これではシ ...

続きを見る

スマート フォーフォー(453)車検整備

スマート フォーフォー(453)車検整備でのご入庫 新車から5年、 2回目の車検です。 走行距離は2万km台でそれほど伸びていません。 ブレーキ鳴きが気になるということですのでパッド・シューのすり合わせや給油を行います。 フロントブレーキはディスクタイプ リアブレーキはドラムタイプです。 内部を洗浄します。   エンジンは後ろにあります。 オイルとエレメントを交換。   ボンネットは僅かに開くだけですが整備がしずらいので外してしまいます。 最後にエアコンフィルター 何かまだらで嫌な感じ ...

続きを見る

BMW 323(E90)ファンベルト脱落

BMW 323(E90)のご入庫 バッテリーマークが点灯してパワーステアリングも効かなくなったが何とか走ってきたとの事。 確かにバッテリーマークが点灯していますし、一度エンジンを止めると次はクランキングできずエンジンが掛かりませんのでバッテリーも空のようです。 走行距離もかなり伸びているこちらのお車、オルタネーターでも壊れたのかと思いエンジンルームを開けるとファンベルトが外れていました。 ベルトが外れたことでオルタネーターは発電できませんし油圧パワーステアリングも作動していなかったのです。   ...

続きを見る

ボルボV70Ⅲ 電動ファン故障によるオーバーヒート

ボルボ V70Ⅲのご入庫 オーバーヒートの警告灯が点灯してエンジンルーム内で冷却水が噴き出したとの事。 冷却水が噴き出すほどのオーバーヒートを起こしたとの事ですので、エンジンルーム内を点検しますが冷却水漏れのようなことは起きていないようです。 次に診断機で故障コードを読み出してみます。 エンジン冷却用の電動ファンのアルゴリズムに関する不具合を検出していました。 電動ファンの状態を診てみますとエアコンを掛けても電動ファンは回りませんし水温が規定よりも上がってもファンが回りませんので電動ファンに関する不具合が ...

続きを見る

車高変更の危険なカスタム

オフロード系の車両で良く行われるカスタムで、車高を上げるというものがあるのですが、このカスタムは非常に危険が伴う為 保安基準の審査でも厳しく管理されます。 こちら人気のジムニーの足回りです。 リジットアクスルと呼ばれるタイプで左右の車軸が一直線なのが特徴です。 車高はリーフスプリングの取り付け位置などを変更して高くします。   次にこちらはパジェロミニ、見た目はジムニーに似ていますが、足回りはまるで違うシステムを採用しています。 左右独立懸架サスペンションで駆動力はドライブシャフトを介して左右の ...

続きを見る

クライスラー グランドボイジャー ミスファイヤー

クライスラー グランドボイジャーのご入庫 車検整備でのご入庫ですが、V6エンジンの割にスムーズに回転しておらず調子が悪いようです。   診断機で故障コードを読み出すと失火コードを検出しました。 このエンジンはV型6気筒でプラグコードも使用していますのでコードからの電気リークも考えられますがまずはスパークプラグを点検してみます。 するとかなりの間交換していない状態なのがすぐにわかりました。 中心電極の摩耗具合が明らかに違いすぎます。   さらに碍子にもクラックがありましたのでここから電気 ...

続きを見る

-故障修理・整備

© 2021 増高自動車工業有限会社