アルファ147ツインスパークのご入庫

ご用命は”マニュアルミッションの2・4・Rにシフトしてもギアが入りずらい”との事

確かにシフトパターンの下側のギア(2.4.R)シフトはなんだかストロークが足りずに入りにくいです。

アルファロメオのマニュアルシフトレバーでよく壊れるところはシフトレバーの支点部分で、ここが樹脂で出来ているため割れたり、摩耗でガタが出て支点が安定せずにシフトしずらい故障が発生することが多いのですが、こちらのお車 他店にてシフトレバーASSYを最近交換したばかりです。

img_20160930_141721

img_20160930_141735

他に何か原因があるとすればミッション自体かシフトケーブルに不具合が発生していることになります。

点検を進めますとシフトレバー縦側に動かすケーブルのアウターケーブルのカシメ部分が緩み動いてしまっているのを見つけました。

アウターケーブルのカシメが緩んでいることで実質的にケーブルが短くなってしまったことと同じ状態になりギアを入れずらくなってしまっていたのです。

 

シフトケーブルアッセンブリーでの交換します。

シフトケーブルを外すにはシフトレバーも外さなければなりません。シフトレバーは写真のような床下のパネルに取り付けているため、取り外しが思いのほか大変です。

取り外したシフトケーブルAssy

 

ここのカシメが緩み動いてしまっている。

シフトケーブルのカシメは、そんなに緩いものではないため、シフトレバーのガタでシフトチェンジしずらくなったのを無理にシフトし続けたことでケーブルに過剰な力が加わってカシメが抜けてしまったのではないかと思います。

シフトレバーベースの支点は摩耗することでいわば消耗品だと思います。シフトチェンジがしずらいとか、シフトレバーにガタが出てきたなどありましたら、ケーブルを痛める前にお取替えをお勧めします。

ケーブル部品代の3分の1ほどでベースは変えることができますので、くれぐれも無理やりシフトチェンジしないでくださいね。