ルノー ラグナ のご入庫

 

先日、ウインドウレギュレーターの交換作業を案内した車両ですが、エンジン回りのタイミングベルトや水回りのメンテナンスもご依頼いただいています。

まずは、タイミングベルトの交換です。

ツインカムのV6エンジンですのでタイミングベルトも長いものになります。

同時にウォーターポンプも交換します。

ヘッドカバー周りのエンジンオイル漏れが気になりますのでインテークマニホールドを外してシールし直します。
パッキンは国内欠品でしたので海外からの取り寄せになりました。

水回りを切りましたのでいつ替えたのかわからないサーモスタットも交換です。

サーモスタットは重要な役割なのですがなかなか予防整備に組み込まれない部分です、しかし不具合が起きてからでは遅いので交換履歴が分からないものに関しては交換をしてしまうことをお勧めします。

 

リザーバータンクにクラックが入っています欧州車ではオーソドックスですがタンクまで加圧されているため劣化して割れてしまうことが多いので要注意です。

国内にはほとんど流通していないラグナ、オーナー様も気に入っているようですので永くかわいがってもらえたら良いと思います。