ドライブシャフトのブーツ交換のお話です。
よく”ブーツが切れてますので交換です。”といわれるところです。

 
これがドライブシャフトというものでエンジンからの回転をタイヤに伝える役目をしています。

蛇腹の部分がブーツでその中に関節(ジョイント)が入っています。

ハンドルを切ったり、車体が上下するので、ジョイントで曲がりをつけなければならないんです。

 


写真のようにブーツは劣化してくると切れます。関節を保護するたグリスが詰まっていますがブーツが破けるとこのように飛び散って水やごみが入って関節を痛めます。

 

これが中のジョイントです。
この丸いものが、上下左右自由に動くようになっています。

水が入りグリスが白濁してしまっています!

 

ブーツ交換の際はこのように分解をして、新しいブーツ、グリスで組み直します。

ブーツが破けてもすぐに気が付いて交換すればジョイントはまだ痛んでいないので大丈夫なのですが、長い期間乗り続けてしまうとグリスが切れて潤滑不良やごみ・水でジョイントを痛めてしまいます。

ジョイントが痛むとハンドルを切って走ったときにゴトゴト音や振動がしたり、最悪ドライブシャフトが破損!!何てこともあります。

はじめにお話したとおりタイヤに動力を伝える大変重要な役割をする部品で破損は事故にもつながりかねません。

検の時切れていなくても、いつ切れるかはなかなか予測は出来ませんのでこまめな点検は必要です。

当店ではオイル交換、タイヤの履き替えなど、軽整備の際でも下回りのチェックは怠りませんので、定期的にご来店いただいているお客様は大事に至るケースはまずありません!

お気軽にお問い合わせ下さい。