こんにちは増高自動車です。

当社のお池にスイレンの花がきれいに咲きました。おはな。

暖かくなり金魚たちも元気です。

 

本日は、平成3年式 日産 フィガロのご入庫です、オーナーのK様ありがとう御座います。

この車、若い方ですと良く知らない人増えていると思いますが、バブル景気のころ日産が出したパイクカー の中の一台です。

今でも、根強い人気で街中でよく見かけますね。

こちらのお車も、オーナー様に大事にされている一台です。

今回は、走行中エンジンが止まってしまい、それきり掛からなくなってしまったという不具合です。

早速点検です。

コンピュータのLEDの点滅で故障コードを読み出します。

緑と赤のLEDの点滅回数で故障コードを読み出すことができます。

 

コード21 点火信号系統を拾っています。確かにスパークプラグに火花が出ていません。

スパークプラグに火花を飛ばす為のセンサーからの信号とコンピューターからの出力信号を点検したところ異常ありません。

ということはイグニッションコイルか、コイルのスイッチの役割をするパワートランジスタの不良が考えられます。

左の大きいのがイグニッションコイル、右の小さいのがパワートランジスタ

 

イグニッションコイルは異常ありません、しかしパワートランジスタは、サーキットテスターで測定してみると正常な値が出ません。

しかも!!黄

中央が内側から溶けて盛り上がっています。

どうやらパワートランジスタの内部不良のようです。

パワートランジスタを交換して無事エンジン始動することができました。ホッ。

20年以上前の車 他に悪いところが無いか点検しておきます。

やっぱり ありました。!!黄

スパークプラグへ火花を分配するディストリビューターキャップの中心がこれまた溶けてしまっています。

ディストリビューターキャップ(上)とローター(下) 左新 右旧

キャップの中心が溶けてしまっています。

新品ですとこのように飛び出ています。

ローターもかなり傷んでいます。

こちらの部品も、点火系統を担う重要な部品です!

今回交換したことで、また調子を取り戻したことでしょう!!

オーナー様 ますます愛車をかわいがってあげてくださいね。笑・

ではまた土下座