こんにちは増高自動車 菅野です。

ニッサン ローレルのご入庫です。Y様ありがとうございます。


連休前に、法定12ヶ月点検をご依頼いただきました。

当店では、エンジンオイル交換など車両を持ち上げる作業の際プチ点検をサービスで行っていますので、かなりの確率で不具合を未然に防ぐことができているのですが、プチ点検では診れない項目があります。

それは分解をしないと見れない点検項目は診れません!!

分解を伴う点検・整備は分解整備と呼ばれ認証工場での有料点検になります。
しかし、ブレーキのタイプによっては分解をしなければ点検できないものもあるので分解整備を伴う点検を行うことも必要です。

ですので、遠出する前などしっかりとした点検をする場合は、法定12ヶ月点検を行うことをお勧めします。

 

本来、乗用車ですと車検から車検の期間は2年です。

その2年の間点検をしないで乗りっぱなしでは危険ですので、法定12ヶ月点検という点検が車検後12ヶ月経ったときに受けることを義務付けられています。

※実は通常車検と呼ばれているものも、法定24ヶ月点検を実施して検査を受けなければならないんです。

しかし、現在の法律では点検を受けなくても強制力のある罰則がないのでこの点検を受けていない方がいるのも実状です。

今回のお客様は、以前故障で怖い目にあったことがあるので点検を怠らないそうです。

法定点検を実施して、さらにプチ点検をメンテナンス時に行うことで万全の状態でお車に乗ることができます。

点検を怠り、故障を拡大させてしまった例はたくさんあります、それに自らの整備不良で他の人を巻き込むような事故を起こす可能性もあります。

自分の車がいつ点検をしなければならないか?など分からない方ぜひお問い合わせください。
 

お気軽にご相談下さい