こんにちは増高自動車です。 本日出かけた際、突然ヘリコプターが急上昇するのが見えて駆け寄ってしまいました。

ホバリングして動きません。何しているんだろう?エアウルフ

アッ!!一瞬で人が吊り上げられました。

ニュースなどで見ることありますが、近くで見ると弩迫力です!!

このようにいつも訓練しているんですね。

 

本日のご入庫は、日産ティーダです。車検整備ありがとう御座います。

 

こちらのお車もお仕事で使われていることから走行距離23万キロに達しています!!

しっかり整備しなければっ!

ブレーキパッドです。右の新品に比べ残量がほとんど無いことわかります?

BOSCHブレーキパッドに交換です。

 

お次は、スパークプラグの点検です。

実はこのエンジン、プラグを点検するのにインマニを外さないと見れないという

ちょっと厄介なもの。困る

このようなタイプはもともと、長寿命タイプのスパークプラグが採用されているので走行距離での管理が基本になります。

長寿命プラグは基本 10万km毎でのお取替になります。

(小排気量、気筒数が少ない車 軽自動車などはもう少し早まります。)

もともと長寿命プラグですのでノーマルに比べ磨耗具合はわかりづらいですが、隙間が広がっているのわかります?

全数お取替です。

 

インテークマニホールドを外したついでに、スロットルチャンバーを清掃します。

かなり ばっちいです。 

エンジン止まっちゃいますよ~~えー

ピカピカに清掃しましたよ。笑・

 でも、清掃しただけで作業は終わりません。

 ここの部品はアクセルペダルに連動して動くのですが、このように汚れてくると空気が流れなくなりエンジンが止まってしまうのです。

 でも頭の良いコンピューターは汚れで空気が流れづらくなると、ここを調整してエンジンが止まらないようにしてくれるのです。エライ!!

 しかし、今回のようにきれいにしたことに、コンピューターが気がつかないので、診断機を使いリセットしてあげることが必要になるのです。

リセットを行い、すべての作業終了です。

ばっちり整備しましたので、お仕事がんばって下さいね。笑・

 ではまた土下座