車内の臭いは皆さん結構気になるようで、特にエアコンからの臭いのご相談を受けることが多いです。

エアコンフィルターの交換やエバポレーターの洗浄で対処するのですが、継続的な悪臭防止にはなかなか至りません。

今回ご案内するWAKO’S空間浄化持続システムは、触媒成分が車室内にまんべんなくいきわたりコーティングすることで異臭を触媒効果で分解し続けて消臭/抗菌/防カビ/防汚効果を持続させるというものです。

 

施工方法をご紹介します。

①室内の様々な部分に付着させますのでなるべく室内を綺麗に清掃します。(清掃はなんでも基本です。)

②エアコンフィルターは新しいものに交換します。(フィルターはスタンダードタイプでも十分です。)

③新しいフィルターにフィルター強化スプレーを吹き付け、触媒効果を持たせます。


④エアコンフィルターにフィルター持続シートをセットします。
※このシートから気化性の成分を空間に拡散して浄化効果を補助します。

⑤空間浄化スプレーを燻煙式エアゾールで噴霧して車室内に均一なコーティングを行います。

施工後は30~60分室内を閉め切ることで成分を付着させます。

使い始めは持続シートの臭いが強いので好き嫌いがわかれるかと思いますが次第に臭いは抜けてい来ます。

自己反応性触媒という効果で車内の臭いを分解していきますし、新車でのVOC(接着剤等)なども低減できるそうですので中古車・新車問わず効果が期待できます。

※特に新車時は、エアコンユニット内部も綺麗な状態でコーティングできるのでカビの発生自体を防ぐ効果が高いのでお勧めだそうです。

狭い車室内ですので臭いはどうしても気になるところです、芳香剤では防げませんし消臭を謳っているものでも思った効果が得られないのも事実です。

いろいろ試してもダメだったという方、お試しになってはいかがでしょうか。

※施工は業務用ですのでご来店での施工となります、ご案内の通り定着させる時間が必要ですので最低半日お預かりさせていただきます。