MINIクーパーS(R53)のご入庫

ご用命は、”気が付いたら水温計が振り切っていた”との事

すぐに近くの修理工場で診てもらったことで、オーバーヒートによるエンジンへのダメージは無いようなので一安心です。

しかし、オーバーヒートに至った原因を修理しなければなりません。

 

原因はサーモケースパッキンからの冷却水漏れです!

この部分は、経年劣化で冷却水が漏れだしてしまうことが多いので要注意です。

取付面も傷んでしまい凸凹してしまっています。

同時に冷却水のタンクも劣化が進み樹脂が黄ばんでいたため交換します。

このタンク自体にも冷却水の圧力が掛かりますので劣化が進んだままでの使用は危険です。

 

たまたま同時に、別のメンテナンスでご入庫のMINIクーパーSもサーモケースから冷却水がにじんでいましたので予防で交換します。

やはりパッキンはボロボロでしたので放っておけば先ほどのお車と同じようなことになっていたはずです。

 

年数の経ったお車の樹脂やゴムなどはこのようなトラブルを起こす原因になりますので、適切な点検を行える主治医の元でメンテナンスをするようにしてください。